2018/10/8の予測馬場差


4回東京3日目


 日曜の東京芝も土曜の芝と同じくスローのレースが多かった。にも関わらず、逃げて勝ったのは毎日王冠のアエロリットのみ。基本的にはやはり速い上がりを使えないと厳しい馬場。毎日王冠以外の芝のレースはメンバー中1~3位の上がりを使った馬が2頭は馬券になっていた。これについては土曜も同じだったので、速い上がりが要求される馬場なのだろう。
時計に関しては日曜2Rがタイム差-2.3、3Rがタイム差-2.1とかなり速い。昨日書いたペース補正を加味すると
 2R:S -2.3-0.4=-1.9
 3R:M -2.1
 5R:SS +0.6-0.8=-0.2
 6R:SS -0.2-0.8=-1.0
 9R:SS -0.8-0.8=-1.6
 11R:S -1.1-0.4=-1.4
2・3・11R辺りから馬場差を推測すると、やはり「-1.0」前後か。ここからさらに高速化というのは考えづらいので、月曜も同じく「-1.0」前後と見ておくと良いか。

 ダートの方も1・4・7Rはタイム差マイナスも8・10・12Rはタイム差プラス。7・8Rの境で変わっているので、変動かもしれないが、後半を見ると乾燥が進んで水準前後まで戻しているのかもしれない。3回開催が水準前後なので、後半は雨の影響無くなったと見て良いのかなと思う。

4回京都3日目


 逃げ馬がほとんど馬券にならない東京に対して、京都は2Rの2歳未勝利を除いて6鞍中5鞍で逃げ馬が馬券に絡んでいる。ペースが遅かった事もあるのかもしれないが、土曜も逃げた馬が馬券の対象になっていたので、逃げる馬には注意しておきたい。
時計は2R以外は軒並みタイム差プラス。こちらもペース補正を考慮してみると
2R:M ±0
3R:SS +1.3-0.8=+0.5
5R:SS +3.1-0.8=+2.3
9R:S +0.4-0.4=±0
10R:S +0.8-0.4=+0.4
11R:H +0.2

 土曜の時計も遅かったので、土曜は多少なり雨の影響があったのかと思ったが、見当違いで思っていたよりも時計の掛かる馬場なのかもしれない。ただ、このペース補正考慮後のタイム差を見ると、水準ぐらいの馬場のようにも思う。京都大賞典もあるので、見極めたいところだが、ひとまずは水準前後の馬場と見ておくのが無難か。

 ダートについては普段の京都らしく、こちらも水準前後の馬場ぐらいかと思う。

あくまでも推測なので、実際のペースと時計から判断していただきたい。

10/8(月)の予測馬場差

競馬場 ダート
東京 -1.0ぐらい 水準前後
京都 水準前後 水準前後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください