2018/8/19の予測馬場差


2回札幌2日目

結局土曜は朝から芝:良、ダート:稍。思ったよりも回復していた。時計の出方を見ると5Rの2歳新馬でタイム差プラス1秒7があるものの、スローの影響。それ以外はプラスが多いので、Cコースに変わったとは言え、雨の影響でプラスマイナスゼロからプラス0秒5の間ぐらいか。ただ、このまま行くと日曜は回復してマイナス方向になるだろうけど、どこまでか…は難しい。マイナス0秒5ぐらいだろうか。いずれにしても、雨の影響を考慮して時計の掛かる馬場が得意な馬を狙うというような事はしなくて良い。コース替わりの影響で1Rから10Rまで7レース中5レースで逃げた馬が連対。
 ダートの方もは、タイム差マイナスは3Rのマイナス0秒2のみ。少なくとも先週(8/11・8/12)のようなマイナス2秒台の馬場差ではなく、1週目・2週目と同じく水準前後の馬場か。こちらも脚抜きの良い馬場が合う馬を狙うというような事は考慮しなくて良さそう。

2回新潟8日目

新潟も土曜は朝から芝:良、ダート:稍。こちらも時計の出方を見ると、1R・4R・9R・11Rはスローの影響でタイム差プラス。思っていたよりも速めの時計が出ているので、雨の影響の残りと使った分、先週の馬場差から判断してマイナス1秒0からマイナス0秒8ぐらいの馬場差か。差し傾向の馬場になるかと思ったが、9R・11R・12Rで逃げた馬が馬券に絡んでいるので、馬場による脚質の影響は特にはないか。
ダートの方も思っていたよりも時計が遅かった。マイナス1秒0からマイナス0秒5ぐらいかと思っていたが、そこまで速くなく先週よりも少し速くなった程度で、1800mの方がプラスマイナスゼロぐらい、1200mの方がマイナス0秒5前後。

2回小倉8日目

週中に雨が少なかったので、土曜朝から芝:良、ダート:良。時計の出方を見ると、芝はタイム差マイナスが多い。先週がマイナス1秒3・マイナス1秒2だったので、ほぼ同じ。使った分考慮してマイナス1秒0ぐらいと思って良いか。逃げた馬が馬券に絡んだのは9Rのラフィングマッチだけなので、そろそろ差し傾向になりつつあるか。
ダートも読み通り特に影響ないので、先週同様マイナス0秒3前後。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください