VR ZONE SHINJUKU


 先日(2017/7/21)に新宿歌舞伎町のVR ZONE SHINJUKU(VRゾーン新宿)に行ってみた。
1週間前の7/13の夜にワールドビジネスサテライトでやっていて、7/15にオープンとあったので、早いうちにチケットを押さえておこうと翌7/14に申し込んで取った。行って知ったのだが小学生くらいは入れない様で、当時は小学生とか大学生が夏休みに入ってチケット取りづらくなったら嫌だなと、さっさと取ろうと。

 歌舞伎町を歩くのはどれぐらいぶりだろうか…相変わらず汚い街なので行きたくはないところ…。待っている間に表に書いてあった待ち時間を見るとマリオカートはやはり人気の模様。

 他のメンバー待って入った。

チケット買うならアプリから

 ここからPCでチケット買ってプリントアウト&メールを持っていったのだが、結局通常の列に並ばされて、チケットと交換させられた。アプリで買った場合はチケット交換の手続き無しで入って行っていたようなので、事前にチケット買っていくならアプリの方が良さそう。

追加購入できない施設がある

 事前にチケットを買って行くと、WEBにある通り4色の施設から1施設ずつ遊べる。4色とも使い切ったらインフォメーションで追加で購入できるが、その際人気の施設は追加で購入できない。また、同じ色同士でも購入不可のモノがあったと思うので、チケット使う前にインフォメーションのところで確認してから使った方が良い。行った時はマリオカート(黄)とハネチャリ(赤)は人気なのか購入不可だった。
チケットを追加で買おうとしたら、全部使い切ってから買いに来てくれと言われたので、追加購入の際は注意した方が良いかもしれない。

マスク?

 VRの装置は使い回しなので、他人のおでこの油とかが気になるだろうが、全員に目の部分だけ空いたマスクみたいなのが配布され、遊ぶときは着用必須。落としたりしたら言えばくれる模様。

つけたまま歩いている人もチラホラいた。

以下プレイした順番

マリオカート アーケードグランプリVR

追加購入できないという事もあって、初っぱなにプレイした。待っている間に他人のプレイを見ていたが、やはり端から見ると変。キャーキャー言いながら運転して、アイテムを使うのに右手を挙げているような格好。ただ、実際にプレイしてみると、周りが見えないだけにあまり気にならなかった。操作はアーケードにあるレースゲームと同じで、アイテムの取り方と使い方が実際に空中に浮いているアイテムをキャッチして使うという感じ。4人同時対戦で普通にカートに乗っているような感じでプレイできて(見えて)、初っぱなというのもあって面白かった。

極限度胸試し ハネチャリ

これもチケットの追加購入不可だったので、やってみた。自転車をこぐと浮上して離すしてレバーを倒したり手前に引いて操作。スタート地点からゴールの所まで飛んでいくという感じ。ルートがいくつかあるようで、行ったコースはかなり難しいコースだったようで係りのお姉さんに「初心者じゃないですね。何度かプレイされないとそこへは行かないぐらい、行く人がいない」と言われたルート。確かに道幅が狭かったけど、制限時間内にゴールに到達できた。風の感じとかも面白く、マリオよりもこっちの方が好きだった。

急滑降体感機 スキーロデオ

空いていたというのもあってプレイ。これもアーケードにあるスキーゲームをそのまま持ってきたのか、スキー板のようなところに立って体重移動で操作。自分の想像では結構大きく左右に動いていたと思うので、テレビでよく見るような大回転っぽいイメージだったけど、端からみたら変なプレイに見えたかもしれない。これはこれで面白かった。

エヴァンゲリオンVR The 魂の座

エヴァ初号機・2号機・3号機のいずれかから選択してプレイ。(席で決まっている)エヴァを見ていると、おお!という感じになる。初号機だったのだが、初号機の発進から使徒を倒すゲームだが、難易度が高く使徒にやられてしまった。ATフィールドは壊せたけど、倒せなかった。
左右のバーで操作(移動・攻撃)し、照準は目線で合わせるというもので、世界観には合っていて楽しかった。エヴァが好きならやってみて良いと思う。

プレイ中に撮られてしまった。

恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル

女性の方がすごくキャーキャー言っていたので、やってみるか!と追加チケットでプレイ。セグウェイに乗って出口まで逃げるというモノで、ライトをつければ道が見えるけど、恐竜に襲われるという内容であんまりライトをつけなかったせいか、ゴールが北なのに、一人西の端っこの方で死亡してしまった。これも結局クリアできず。

その他

施設内で昼食をとったのだが、その真横に巨大風船ナイアガラ・クライミングがあり、後者は昼食取りながら他人がやっているのが見える。というかVR関係なしで、高いところから落ちるのと、高いところに登っていくだけ…。

まぁ、マリオカートはやってみて良いと思う。あとエヴァ好きならエヴァも。ただ、1プレイの時間が3~5分程度で1100円は正直高い。値段が半分くらいなら遊びやすいが、まだまだ気軽にという感じでは…。将来、ゲーセンがああいうVR施設に変わっていくのかもしれないけど、値段とプレイするまでの準備が課題か。係りの人が説明→ヘッドディスプレイをつけて、照準合わせ→準備が揃えばプレイ開始となるので、テンポが悪い。
この辺りが解消されるとガンツの作者の描いたマンガの「01 ZERO ONE」のような、格ゲーも出てきてゲーセン毎での対戦とかも可能になるような気がする。物は試し、一度行ってみて体験してみるのも良いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。