カーズクロスロード


 VRを見たので、カーズの映画(カーズクロスロード)も4Dで見てみようじゃないかと思い、4Dで鑑賞。

4Dのタイプはいくつかあるようで、TOHOシネマの府中でMX4D鑑賞。

MX4D

・事前にいろいろ調べていたのと、席が動くというのをわかっていたので、飲食物はあえて何も買わずに入ったが、入ってドリンクならドリンクホルダーがあるので、問題なかった。(入って始まるまでの間に買いに出た)
ただ、知らずに飲食物結構買っていざ入ろうとした時に、映画館の係の人にポップコーンは持ち込めないと言われたのか、怒鳴って怒っている他のお客さんがいたけど、事前に確認して買えよ…と。どっちもどっちだと思うが…。
・子供用のクッションは使用不可だったものの、問題なく見れていた模様。
・カーズだと、席が動く、席が振動する(背中とお尻の辺りが振動)、風・水しぶき・土ぼこりが舞ったら土の臭いがしたりと、私個人としてはアリかなと。足元の膝より下辺りにプシュッとエアーが勢いよく出る事があったのだが、短パンで行ったせいかチクチクして痛かった。

カーズクロスロード

1・2と比較すると今回の3が一番面白かった。1でレース、2スパイモノ、3で再びレースになるけど、2のスパイモノは何だったんだろう…と思うぐらい、3の方が面白いと思う。世界観も「今」を上手く取り込んでいて、トレーニング・トレーニングだけじゃなく、理論に基づいた近代スポーツのようなトレーニングをやっている新人の活躍。世代交代。あれで4があるならどうなるんだろう…と思う終わり方で面白かった。(あんまり書きすぎないようにこの程度で)

競馬もしばし見かける世代交代の場面。馬の気持ちはわからないけど、本人(馬)が引退の引き際を決めれないので、どうなのかわからないけど、まだまだやれると思っている馬も多そうな感じはする。
あと、調教方法も今の坂路やCWを駆ける以外にも近代的な調教方法が出てきても良さそうに思うけど、JRA的にどうなんだろうか。

どうでも良いけど、公式ではなんで「3」と表記していないんだろうか。ゲームだと3になってるのに。
ジャクソンストームのトミカを店舗で探しまくったけど、どこにも売っていなかった。ジャクソンストームだけ。あれ、Amazonにあるのか?と思って見たら、普通に売ってて、探し回らずに最初からAmazon見れば良かったと少し後悔。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。