マリーンカップ


船橋11R マリーンカップ
中央勢の最終追い切りを見ると


         馬番:今/前 2 3 4 5
 02.パールコード  :50/63 51 59 64 60
 06.ワンミリオンス :64/70 71 59 57 54
 10.タイニーダンサー:63/57 69 59 68 57
 11.ホワイトフーガ :67/61 64 66 60 66


こんな感じで、11.ホワイトフーガが抜けている。近走成績見ても調子の上げ下げがそのまま結果に出ているような感じで、前走比で調子が上がれば(調教の指数が上がれば)結果も出てきているので、今回は走ってきても良さそうな感じ。馬場も重・不良実績は十分だったので、58キロでも頭で良いだろうと。ただ、初ダートで未知数の02.パールコードも魅力だったので、馬券はJRA勢に加えて08.リンダリンダを入れた3連単。

 結果的には11.ホワイトフーガ頭は問題なかったものの、地方馬を軽視してしまったばかりに外した。川崎記念のように上手くは行かず…。

先週の中央もそうだったけど、馬場が悪いときは調子うんぬんよりも馬場適性を重視しないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。