Winning Post スタリオン


Winning Post スタリオンが今日から配信されたので、やってみた。
この秋このウイニングポスト以外にもダービースタリオン マスターズなど競馬ゲームのリリースラッシュ。少し前にもチキチキダービーが出ていたり、競馬ファンを馬鹿にしたウマ娘 プリティーダービーがスマホで話題になっていたりする。

それに先駆けて今日Winning Post スタリオンが配信された。
やってみた感じだが、ダビパクよりは細かいミッションやコンボなどあって最初は楽しかった。楽しかったけど全く課金までして楽しもうという気にはならない。楽しかったのは1頭目のスペシャルウィーク×ミーアモーリエで皐月1着・ダービー2着までだった。20160908_0120160908_0220160908_03

疲労が溜まると課金アイテムで疲労を回復させるか、馬の成長を諦めて放牧に出すかしかないのと、評価点が超えていればおおよそそのレースに勝てるので、レースに出して勝ち負けをわくわくして見るというのがなく、勝って当然的な部分が面白くない。
前者の仕様については、ダビパクで「温泉」として入っている疲労回復と全く同じなので、ダビパクユーザーには違和感ないのだろうが、コンシューマー(家庭用)の競馬ゲームに慣れてしまっていると遊びづらくて仕方がない。それ故ダビパクのどこが面白いかさっぱりわからない。

面白いと感じる部分のポイントの違いなのだろうが、10代・20代に友人らと熱を上げた様々な格ゲー、20代後半でドハマリしたCOD(コール オブ デューティ)のように、相手と同じ条件で腕の競い合うタイプを好む。SFC・PSダビスタをバカみたいに遊んでいたのは、低確率ながら強い馬が生まれ、BCで対戦(競馬王やサラブレに出していた)が楽しかった。
それが、今のスマホの競馬ゲームは高額な課金をして強い繁殖を手に入れ、強い馬を作ってGI勝ちまくるみたいな感じで、何が楽しいのか。
仕事なのでWinning Post スタリオンの動向等は見るが、ユーザーとして遊ぶ気には全くならない。

サーバーエラー出まくりでなんでこんなボロボロの状態でリリースしたのか、東京ゲームショーや雑誌等の紹介の段取り上出さざるを得ない状況だったのかもしれないが、ひどいリリースだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。