先週の結果分析の完全タイム差をTARGETに表示


 先週の結果分析の完全タイム差をTARGETの補正タイムのところで表示してしまおうという内容です。

※前提として、TARGETをインストールして正常に利用できる状況になっている事が前提です。インストールしてJRA-VANからのデータ取り込みが終わっている事が前提です。
ただ単にインストールしただけでは利用できないので、セットアップを完了させてください。

2015年のJCの場合、走破時計が「2.24.7」・完全タイム差が「+1.2」。TARGETの補正タイムの部分で2.24.7 – (+1.2) =「2.23.5」と入力すれば、補正タイムの欄で「88」と表示されます。20160102_01
仮に完全タイム差が「-1.2」だった場合は、2.24.7 – (-1.2) =「2.25.9」と入力すれば、補正タイムの欄で「112」と表示されます。
補正タイム100=完全タイム差ゼロという形で、補正タイムの部分で完全タイム差っぽい数値を表示させる事が可能。

 これを毎週全レース基準タイムの部分に手入力していたため、予想する前に30分~1時間くらい作業する必要がありました。西田式スピード指数が出た当初、電卓片手にスピード指数を計算して馬柱に記入して準備していた時代の人たちと同じように、手で準備していました。

ただ、正直にめんどくさい!その30分~1時間、馬券検討する時間に回したい。何か楽できる方法がないかと見たら、オンラインヘルプを見たところ、CSV形式でインポートすることが可能とある。ならプログラム組んで出力できるようにしてしまった方が楽で良いと思い、作った

使い方(TARGETへの取り込み方)は以下の通りです。
1.ここから取り込みたい年度の基準タイムファイルをダウンロード。
※この際どこにダウンロードしたか覚えておいてください。わからなさそうなら、デスクトップにでも保存してください。

2.TARGETを起動し、左上のメニューから「メインメニュー」をクリック。
メインメニュー内にある「基準タイム処理」をクリック20160102_02

3.クリックすると「基準タイム処理」ウインドが表示される。

4.「基準タイム処理ウインド」で「-入力処理-」のところにある「CSV形式入力」を選択。20160102_03
※年度が替わるタイミングでの登録(新しい年度の最初の登録)の際は「全ての年を読み込む」のチェックを入れてし更新してください。

5.選択すると「基準タイムCSV形式データファイルの選択」ウインドが表示される。

6.このウインド内で真ん中より少し上の右側にある「参照」を選択。20160102_04選択すると「フォルダーの参照」ウインドが表示されるので、1でダウンロードした場所を選択。
※デスクトップに保存した方はデスクトップを選択

7.参照先を指定すると、「基準タイムCSV形式データファイルの選択」ウインドの左下、「フォルダ内ファイルリスト」から1でダウンロードしたファイルを選択。20160102_05※2016年のファイルの場合、ファイル名は「KT2016.csv」。2015年だと「KT2015.csv」。

8.選択すると画面の左下で処理進行状況のバーが表示され、処理が終わると↓の画面が表示されます。20160102_06ファイル名の年度の基準タイムを取り込みます。過去の分まで反映したい場合は、この作業を何度か行ってください。

9.実際に読み込みが完了したか、適当なレース結果画面を開き、補正タイムの部分を確認してください。
正常に読めていれば、サイト上の数値と同じ補正タイムの値になっているはずです。
2015年有馬記念の場合、補正タイムが「94」となっていればOKです。

TARGETの成績画面の右下に出ている基準タイムを書き換えているので、個人で基準タイムを設定している方は、設定から別の基準タイムファイルを指定してください。(方法としては、TARGETがインストールされている、基準タイムファイル(初期ならSTX.DAT)をコピーし、適当に名前をつけ直して(結果分析STX.DATとか)、設定画面からファイルを指定するだけ)上書きしてしまって、元のデータを返せと言われても不可能ですので、利用する際はあくまでも自己責任でお願いします。

方法としてはTARGETのオンラインヘルプにある、基準タイム処理画面からCSV形式で入力する方法を利用しています。必ず、こちらのヘルプを確認ください。
また、ここに書いてある手順で上手くいかない場合はコメント欄にでも状況を書いていただければ、わかる範囲でお答えします。ただ、「うまく読み込みできません」といただいても、どこまでどういう手順をやってできないのかがわからないと回答しづらいので、状況は詳しくお願いします。

5 thoughts on “先週の結果分析の完全タイム差をTARGETに表示

  1. 初めまして、こんばんは。ずーっと昔から存じ上げてまして、久々に訪れたらターゲット用のファイルがあるとゆうことで(以前手入力してました^^;)使わせてもらおうと思ったのですが、基準タイムのとこだけうまくいきません。2015年有馬記念が120のままです。何度も手順通りしましたがだめです。登録しましたってでるので登録はされてるとは思うのですがどこがいけないのでしょう?ご指導よろしくお願いします。

  2. 昨日コメントした者ですが、環境設定の基準タイムの設定を変えたらできました。

  3. なるほど。わかりました。
    コメントいただいている事に朝気づいたのですが、すぐにご返信できず、夜書こうと思っていたところでした。
    また、何かありましたらご連絡いただければと思います。

  4. 補正指数がレ-ス当日と微妙に違うのは何ですか.NHK杯の皐月賞出走の2頭の補正指数違うので悩む人です

  5. TARGETの設定の問題ですね。
    TARGETを起動していただいて、
     オプション→環境設定→基準タイム
    のところにある「補正タイムの指定」の設定が4つあると思うのですが、「フラットモード」にすれば、同じ数値で表示されるようになると思います。
    恐らく今は「フラット」以外のモノになっていて、調整された値になっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。