2017年4回阪神8日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、阪神も3日間開催の2週目は雨の影響で時計の出方が安定しなかったが、他の開催日は全てマイナス1秒台だった。
 阪神地域は水曜から木曜に雨が降ったが、大きな影響はなく、速い時計の出るコンディションだった。上位馬の脚質を見ると逃げ馬が5連対する一方で、好位・中団からの差し馬も多く台頭していた。先々週と傾向的には大きく変わらなかった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値。雨の影響を受けた開催日が多かった事もあるが、時計の出方は安定しなかった。ただ、終盤は良馬場で馬場差が水準方向に近づいて行った。
 先週の土曜はいくらか速めの時計が出るレベルだったが、日曜は乾いて土曜よりも少し時計が掛かっていた。脚質を見ると、逃げ馬は4連対した。先々週と同様好位からの差し馬が最も活躍していた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/09/30 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 グローバルリーチ    牡2 未勝利 1:10.3 ±0 -0.1 +0.7 -0.8 D D
3R T1800 ヘンリーバローズ    牡2 未勝利 1:47.5 -1.3 -0.8 -0.8 -1.3 B C
5R T1800 アドマイヤキング    牡2 新馬 1:49.9 +0.8 -1.1 +1.0 -1.3 SL C
7R T2600 メイショウカミシマ    牡3 500万下 2:40.5 +0.9 -0.4 +2.3 -1.8 SL D
10R T1200 グレイトチャーター    牡5 芦屋川特1000 1:08.9 ±0 -0.1 +0.7 -0.8 D C
12R T1400 ジョーマイク    セ4 500万下 1:20.5 -1.5 --- -0.5 -1.0 B B

2017/09/30 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ユニオンローズ    牡2 未勝利 1:25.1 -1.3 --- -0.8 -0.5 A D
4R D1400 ハートフルタイム    牡3 未勝利 1:25.6 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D
6R D1800 メイショウワザシ    牡2 新馬 1:55.9 +0.3 -1.0 -0.1 -0.6 C D
8R D1800 セルリアンアラシ    牡3 500万下 1:53.0 -0.1 --- +0.5 -0.6 D C
9R D1400 ドンフォルティス    牡2 ヤマボウ500 1:25.0 -0.6 --- -0.1 -0.5 C C
11R D2000 メイショウスミトモ    牡6 シリウスHG3 2:03.9 +0.1 --- +0.8 -0.7 D C

         

3R未勝利 次走番組注目馬
1着 ヘンリーバローズ コメントなし
6R新馬 勝ち馬上位馬
1着 メイショウワザシ コメントなし
10R芦屋川特1000 解説者次走推奨馬
5着 ダイトウキョウ 課題とされたゲートを決めたが、4コーナー辺りまでは折り合いついていたが、そこからスペースがなくて4コーナー回って外でちょっとスペースができかけるが、閉まってしまう。最内に切り替えたところ、今度前の馬がバテて来てなかなかスムーズに裁けずに、結局追えないまま馬なりでゴールインという決着になった。それでも着順自体は5着ですし、スムーズに裁けていれば勝ち負けになっていた可能性は高い。本来は堅実に駆ける馬ですから、次走巻き返しは可能と判断して推奨馬にした。
馬券Summary
頭数が多いレースで案外、活躍
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準