2017年2回小倉4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、3日目までがマイナス0秒9、4日目がマイナス0秒8でほとんど変わらない。
 馬場差は1週目とほとんど同じだった。日曜日の昼にサーッと雨が降ったものの、時計の出方に影響する程の雨量ではなかった。単調な前残り決着は少ないものの、適切なペースなら先行馬が残れる馬場と言っても差しが全く届かない訳ではなくて、公平な馬場だと言える。4週目つまり来週までAコースが使用され、後半の2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒7だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値で1週目よりも、先週の方が時計が掛かっていた。
 1週目よりさらに馬場が乾燥して、馬場差はプラス側に動いた。日曜昼の雨も表面を塗らした程度で、時計の出方に影響するほどではなかった。4コーナー2番手以内の馬が1頭も連対していないのは1鞍だけで、小倉らしく先行有利という結果だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/08/06 (日)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ガゼボ    牡2 未勝利 1:09.0 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D
5R T1800 キボウノダイチ    牡2 新馬 1:51.0 +2.0 -0.5 +2.2 -0.7 SL C
6R T1200 サイエン    牝2 新馬・牝 1:09.4 -0.4 --- +0.1 -0.5 C D
7R T2000 パリンジェネシス    牡3 未勝利 2:01.1 +0.3 --- +1.1 -0.8 E D
9R T1700 レインボーフラッグ    牡4 青島特別500 1:41.2 +0.4 --- +1.1 -0.7 E D
11R T2000 タツゴウゲキ    牡5 小倉記念HG3 1:57.6 -0.2 --- +0.6 -0.8 D D
12R T1200 ペスカネラ    牝3 筑紫特別500 1:08.2 -0.3 --- +0.2 -0.5 C D

2017/08/06 (日)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 メイトサン    セ3 未勝利 0:59.7 +0.7 --- +0.3 +0.4 D D
3R D1700 タピゾー    牡3 未勝利 1:46.6 +0.3 --- -0.4 +0.7 B C
8R D1700 フィールドセンス    牡3 500万下 1:46.7 +1.5 --- +0.8 +0.7 D D
10R D1700 メイプルブラザー    牡3 天草特別1000 1:44.9 +0.5 --- -0.2 +0.7 C C

         

11R小倉記念HG3 解説者次走危険馬
1着 タツゴウゲキ 4コーナーで内に居てジーッとしていた事で脚が溜まって、なおかつそのまま内を抜けて来れたという事が勝因であって、1つ間違えればレパードSのエピカリスのように包まれっぱなしになってもおかしくなかった。今回は上手く行ったが、何度も続けられる事ではありませんし、外から地力で動いて重賞で勝負になるという域にはまだ達していないと思う。次もサマー2000シリーズのハンデ戦に出走すると、たぶん2キロぐらい増えますから、次は危険と見る。
馬券Summary
ルーラーシップ産駒の取り扱い
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準