2017年2回新潟12日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5、直線1000mは土日ともにマイナス0秒1だった。まずはさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で重馬場でスタートした9日目を除くとマイナス0秒8からマイナス0秒5の間で推移していた。
 雨の影響はなくて、先週は土日ともに10日目と同じ馬場差だった。直線1000mは10日目より掛かっていたが、その10日目は追い風だったため。直線では先行馬が馬場の真ん中辺りに出てくる事が多く、内の馬場状態は良くなかった様だが、日曜の10Rなんかは内から差して来た馬2頭が1・2着だった。内が極端に悪かった訳ではないよう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒5、1200m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mはおおむねプラスの数値だったが、5週目は雨の影響でやや時計が出やすくなった。一方1200mはマイナスゾーンの数値の方が多かったが、先週はプラスの数値だった。ただ、1800m・1200mとも水準から大きく外れる事はなかった。
 先週は中の方まで乾いた状態で、比較的時計が掛かっていた。土曜日は差し馬が好走して、日曜日は前残りが多いという結果になっているが、馬場状態は土日で変わらず、ペースや馬の能力によって、土日の脚質傾向が違っているだけ。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/09/03 (日)  芝=-0.5 / 直線=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 カーボナード    牡2 未勝利 1:35.3 ±0 -0.6 -0.2 -0.4 C C
5R T1800 サンリヴァル    牡2 新馬 1:50.1 +1.7 -1.4 +0.8 -0.5 D C
7R T2000 キューンハイト    牝3 未勝利 2:00.7 -0.8 --- -0.3 -0.5 C C
8R T1400 サバイバルポケット    牝4 500万下 1:21.3 -0.4 --- ±0 -0.4 C D
10R T1200 メイショウスイヅキ    牝4 飯豊特H1000 1:08.6 ±0 --- +0.3 -0.3 D D
11R T2000 タツゴウゲキ    牡5 新潟記念HG3 1:57.9 ±0 --- +0.5 -0.5 D C
12R T1000 クラウンルシフェル    牡6 雷光特別500 0:55.2 -0.1 --- ±0 -0.1 C D

2017/09/03 (日)  ダ=+0.5 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 ヒシデルマー    牡3 未勝利 1:13.0 +0.4 --- +0.3 +0.1 D D
3R D1800 ピンキージョーンズ    牝3 未勝利・牝 1:54.6 +0.8 --- +0.3 +0.5 C D
6R D1200 セイウンスパイ    牡2 新馬 1:14.3 +0.9 --- +0.8 +0.1 E C
9R D1800 スペリオルシチー    牡3 両津湾特500 1:52.9 +0.1 --- -0.4 +0.5 B C

         

9R両津湾特500 勝ち馬上位馬
1着 スペリオルシチー コメントなし
馬券Summary
千直は”次”も重要
後ほど
30% OFFセール
↑30% OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準