2017年2回小倉10日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒6だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、開催が進む毎に水準方向に動いて、先週土曜はこの開催では最も時計の掛かるレベルだったが、日曜はマイナス方向に戻った。
 日付が土曜日に変わってから雨が降り始め、レース前には止んでいたものの、土曜の昼過ぎまで稍重だった。9R以降は良馬場だが、馬場差は一定でこの開催で最も時計の掛かる状態。とは言え、馬場差はまだマイナスだった。乾いた日曜は1週前と同じ馬場差に戻ったが、先週からBコースに移ったのにAコース4週目と同じ馬場差だった。つまり、芝の傷みは進行しているという事。最終週となる今週、Bコース2週目でも外差しが決まりやすい馬場になる可能性もある。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒1へと変動、日曜がマイナス0秒6だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではプラスの数値だったが、7日目はこの開催で初めてマイナスの数値。そして先週土曜は初めてマイナス1秒台になった。
 雨の影響で土曜は重から稍重へと変化した。馬場差は変動で、具体的には1700m換算の数値で4Rがマイナス1秒4、6Rがマイナス1秒3、8Rがマイナス1秒2、11Rがマイナス1秒1だが、1日を通して高速馬場だったという事。日曜日は1日中稍重で、馬場差はマイナス0秒6。土曜よりは時計が掛かるようになったが、これでも今年夏の小倉の中ではかなり速い時計が出る状態だった。土曜日は4鞍中3鞍が逃げ切りだが、単調な行った行ったという決着にはなっていない。日曜の1700mはハイペースから時計の掛かる決着になったため、差し馬が上位に来ているが、それでも逃げた馬は3着・3着・3着・2着と崩れていない。小倉のダートらしく基本は先行有利。ただし、1700mでハイペースになると差しも決まるという事。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/08/27 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 フランシスコダイゴ    牡2 未勝利 1:09.2 -0.4 --- ±0 -0.4 C D
3R T1200 タガノフレイア    牝3 未勝利 1:09.0 -0.1 --- +0.3 -0.4 D C
5R T2000 バブリーバローズ    牡2 新馬 2:03.6 +1.6 -0.3 +1.9 -0.6 SL C
7R T1800 インビジブルレイズ    牡3 500万下 1:47.3 +0.2 --- +0.7 -0.5 D C
9R T2000 ブライトムーン    牝3 鳥栖特別500 2:00.1 +0.2 --- +0.8 -0.6 D D
10R T1200 ワンアフター    牡4 別府特H1000 1:07.8 -0.3 --- +0.1 -0.4 C C
11R T1800 ダノンメジャー    牡5 小倉日経 1:46.1 +0.9 --- +1.4 -0.5 E D

2017/08/27 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 スズカスマート    牝3 未勝利・牝 1:46.6 +0.3 --- +0.9 -0.6 E C
6R D1700 インツォリア    牡3 未勝利 1:46.7 +0.4 --- +1.0 -0.6 E D
8R D1000 オアシスクイーン    牝3 500万下 0:57.5 -0.9 --- -0.5 -0.4 B C
12R D1700 ショウナンナナイロ    牝3 500万下・牝 1:45.8 +0.6 --- +1.2 -0.6 E D

         

8R500万下 勝ち馬上位馬
1着 オアシスクイーン コメントなし
8R500万下 次走番組注目馬
2着 クールゼファー コメントなし
馬券Summary
ハンデ戦の考え方
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準