2017年2回札幌4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒3だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方は異なるが、いずれにしても1回開催前半のような高速馬場ではない。
 木曜から金曜にかけての雨量はそれほど多くなかったが、土曜はその雨の影響が残っていた。良馬場でも水分を含んでおり、こうなると洋芝は時計が掛かる。そのため1週前と比較して0秒6水準方向に馬場差が動いた。日曜は乾いたものの、レースで使用した分傷みが進み、それらが相殺されて土曜と同じ馬場差となった。先週は外差しが目立っていたが、内を通るとダメという程ではない。最終週となる今週もCコース使用で、外差しも決まるが、内を通ってもダメではないという傾向が続くと思われる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒7だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で速めの時計が出るレベルだが、この開催に入ってからは前の開催最終週ほどの高速馬場ではない。
 木曜から金曜にかけての雨が影響して、土曜は稍重だった。そのため1週前より高速化したが、同じ稍重でも前開催5日目の前半のような、超高速馬場ではなかった。日曜は乾いて1週前と同じ馬場差になったが、稍重の土曜と大きくは違わない点に注意。勝ち馬は10頭中8頭が4コーナー2番手以内で、他の2頭も4コーナー3番手。いつもの札幌ダートという感じで先行有利だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/08/27 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 トーセンアンバー    牝2 未勝利 1:51.5 +0.7 --- +1.0 -0.3 E C
5R T1200 ベルーガ    牝2 新馬 1:11.6 +0.6 --- +0.8 -0.2 E C
6R T2600 ローズシュクレ    牝3 未勝利 2:44.7 +1.1 --- +1.5 -0.4 E D
8R T2000 グローブシアター    牡3 500万下 2:02.5 +0.4 --- +0.7 -0.3 D C
9R T1500 クィーンズベスト    牝4 千歳特別500 1:29.0 -0.4 --- -0.2 -0.2 C C
11R T1200 エポワス    セ9 キーンラG3 1:09.0 +0.4 --- +0.6 -0.2 D C
12R T1800 ルグランフリソン    牡4 ワールド1000 1:48.8 +0.3 --- +0.6 -0.3 D C

2017/08/27 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 レッドラトナ    牝3 未勝利・牝 1:47.3 +0.5 --- +1.2 -0.7 E D
3R D1000 デルマオフクロサン    牝3 未勝利 0:59.0 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
4R D1700 イーグルバローズ    牡3 未勝利 1:44.7 -2.1 --- -1.4 -0.7 A D
7R D1700 ユラノト    牡3 500万下 1:46.3 +0.6 --- +1.3 -0.7 E D
10R D1700 メイショウバッハ    牡4 ワールド1000 1:45.9 +1.0 -0.6 +1.1 -0.7 SL D

         

4R未勝利 次走番組注目馬
1着 イーグルバローズ コメントなし
7R500万下 解説者次走危険馬
2着 ネイビーブルー 前回も次走危険馬としたら2着と好走してしまって、また危険馬として取り上げるのも心苦しいが、何か恨みがあるとか逆ギレしているという事ではないので、お許し下さい。高速馬場でしか好走していないので、良馬場では苦しいとした訳だが、今回は完全タイム差プラス1秒3という低レベル戦になった。これなら良馬場でも2着に来てしまうというだけで、良馬場の普通のレベルの決着になれば危険な人気馬であることに変わりないと思う。
馬券Summary
ハンデ戦の考え方
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準