2017年2回新潟6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒7。直線1000mは土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずはさかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス1秒0だったが、先週はやや水準方向に動いた。同様に直線1000mも先週は前半2週よりも時計が掛かった。
 土曜は昼まで雨が降っていて、馬場状態も良から稍重へと変わっているが、何しろ新潟の芝というのは水はけが良くて、雨の影響が小さい事もあって、馬場差は一定だった。日曜は土曜とは逆に稍重から良へと変化しているが、時折小雨が降ったりする曇りで、乾くスピードが遅く、やはり馬場差は一定だった。先週程度の馬場ならレースによるダメージはそう大きくないはずで、今週が完全な良馬場ならマイナス0秒9とか1秒0、つまり前半2週と同じぐらいの馬場差に戻るだろうと推測する。この開催は6週間を通してAコースが使用される。
 先週の芝の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒3。1200m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。まずさかのぼって6日間の馬場差を確認しておく。1800mは全てプラスの数値だが、先週は4日目までよりは少し時計が出やすくなった。1200mも2週目と比べるといくらか時計が出やすくなり、マイナスゾーンに入った。
 土曜は昼まで雨が降って、日曜日は逆に乾いて行ったはずだが、馬場差は土日を通して一定だった。土曜の時点で正面が濡れている程度という稍重だった事。そして日曜日は小雨が降ったりして、一気に乾いたわけではない事がその要因で、特に1800mの方は稍重でもプラスの馬場差だった。結果だけ見ると、日曜より土曜の方が差しやすい馬場だったように見えるが、メンバー構成やレース展開によるもので、馬場そのものは土日で変わりはなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/08/13 (日)  芝=-0.7 / 直線=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1800 エリティエール    牝3 未勝利 1:48.0 +0.7 -1.1 +0.2 -0.6 C C
5R T1600 クレバーバード    牡2 新馬 1:37.0 +1.4 -1.1 +0.9 -0.6 SL C
7R T1800 ナムラムラサキ    牝3 500万下・牝 1:46.5 ±0 -0.8 -0.2 -0.6 C C
8R T1400 ウィンドライジズ    牡3 500万下 1:21.0 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D
10R T1400 ヴェネト    牡5 豊栄特別1000 1:20.4 -0.8 --- -0.3 -0.5 B C
11R T1600 マルターズアポジー    牡5 関屋記念G3 1:32.2 +0.1 --- +0.7 -0.6 D C
12R T1000 プリティマックス    牝3 500万下 0:55.3 ±0 --- ±0 ±0 C D

2017/08/13 (日)  ダ=+0.3 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ハーモニーライズ    牡2 未勝利 1:13.5 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D
2R D1800 サンシロウ    牡3 未勝利 1:55.8 +2.0 --- +1.7 +0.3 E D
4R D1200 シャインヴィットゥ    牡3 未勝利 1:12.4 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D
6R D1800 ルヴァンスレーヴ    牡2 新馬 1:54.8 -0.5 --- -0.8 +0.3 B C
9R D1800 コパノアラジン    牡4 麒麟山H1000 1:52.1 +0.1 -0.6 -0.8 +0.3 B C

         

6R新馬 勝ち馬上位馬
1着 ルヴァンスレーヴ コメントなし
9R麒麟山H1000 次走番組注目馬
2着 カルムパシオン コメントなし
馬券Summary
洋芝の道悪は別世界
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準