2017年1回札幌4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒9だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、初日がマイナス2秒0、2日目以降は全てマイナス1秒9でかなり速い時計の出るレベルで安定している。
 2週目になっても開幕週と変わらない高速馬場だった。レースの前夜や当日に雨が降れば一気に時計が掛かるのが洋芝だが、そういう事が無ければ簡単には時計の掛かる馬場にはならないだろう。ただし、高速馬場ではあっても、前残りが多い訳ではなくて、これは開幕週もそうだった。高速馬場と言っても札幌にしては時計が速いという事であって、時計が速すぎると厳しいタイプや洋芝巧者が好走しやすいという事に変わりは無い。今週までの1回札幌はAコース、来週からの2回札幌はCコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、1週目がマイナス0秒5、2週目がマイナス0秒6でやや速めの時計が出るレベルで大きな動きはない。
 1週目よりも少しだけ含水率が高くて、少しだけ速いタイムが出るようになったが、1週目とほぼ同じだと考えて良い。先週は札幌のダートにしては差し馬の好走が多かったが、ハイペースのレースが多かった事がその要員だと思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/08/06 (日)  芝=-1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1500 ファストアプローチ    牡2 未勝利 1:29.3 -1.5 --- -0.1 -1.4 C C
4R T2000 エレクトロニカ    牝3 未勝利・牝 2:01.0 -2.0 --- -0.1 -1.9 C C
5R T1800 ペプチドオーキッド    牡2 新馬 1:51.1 ±0 -0.9 +0.8 -1.7 D C
8R T1200 イリスファルコン    牝3 500万下 1:08.6 -1.2 --- -0.1 -1.1 C D
9R T2600 コスモピクシス    牝4 500万下 2:40.8 -1.7 -0.6 +0.2 -2.5 C C
11R T1200 イッテツ    牡5 UHB賞H 1:07.7 -1.0 --- +0.1 -1.1 C D
12R T1800 ナイトオブナイツ    牡4 藻岩山H1000 1:47.2 -1.3 -0.5 -0.1 -1.7 C C

2017/08/06 (日)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 サンデュランゴ    牝3 未勝利 0:59.0 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
3R D1700 トップゴーイング    牡3 未勝利 1:46.9 +0.1 --- +0.7 -0.6 D D
6R D2400 ティーラウレア    牡3 500万下 2:35.7 +1.2 -0.6 +1.4 -0.8 E D
7R D1700 ヴォカツィオーネ    牝3 500万下・牝 1:45.6 -0.1 --- +0.5 -0.6 D D
10R D1700 スウィフトレイド    牡4 大倉山特1000 1:44.5 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C

         

馬券Summary
ルーラーシップ産駒の取り扱い
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準