2017年2回東京7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス1秒8へと変動、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を確認しておくと、6日目まではマイナスの数値で特に3日目から6日目までは全てマイナス1秒3だったが、先週は雨の影響で時計が掛かった。
 先週からBコースに替わったが、土曜は早朝から雨が降り続いて芝で最初のレースである5R時点でプラス0秒4。その後も時計が掛かって行って、11Rは2000m換算でプラス1秒8になった。日曜は土曜と比べて乾いたが、マイナスゾーンにまでは戻らなかった。なお、その日曜、馬場発表は途中で変更されたが、馬場差は1日を通した数値。雨が降って、馬場の内側が悪くなった影響か、好位もしくは中団から差して来る馬の活躍が顕著だった。一方逃げ馬は2連対で、先行馬の連対も2頭のみだった。なお、今週もう1週はBコースが使用されて、ダービーウィークの最終週だけはCコースが使用される。
 先週の芝の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒5からマイナス1秒8へと変動、日曜がマイナス2秒6からマイナス1秒9への変動だった。さかのぼってこの開催の馬場差を確認しておくと、3日目から6日目まで水準レベルだったが、先週は雨の影響で速い時計の出るコンディションになった。
 土曜は雨が降り続いて脚抜きの良いコンディションになって行った。日曜は逆に馬場が乾いて水準方向にいくらか近づいたが、それでも1日を通して脚抜きの良い馬場だった。この開催では2日目と先週が高速馬場だったという事になる。脚質的には差しが届いていた芝とは違って、まんべんなく連対している感じだった。ただ、唯一不振だったのが後方からの差し馬で、土日を通して連対したのは土曜1Rの1頭だけだった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/05/13 (土)  芝=+0.4 → +1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 ミッキークロス    牝3 未勝利・牝 2:05.0 +3.1 -1.0 +1.7 +0.4 SL D
5R T1600 アオイシンゴ    牡3 未勝利 1:36.5 +0.8 --- +0.2 +0.6 C D
7R T1400 ショウナンアンセム    牡4 500万下 1:23.3 +1.1 --- +0.4 +0.7 D D
9R T2000 ウインガナドル    牡3 夏木立賞500 2:04.1 +3.1 -0.9 +0.8 +1.4 D C
10R T2400 リッチーリッチー    牡4 緑風SH1600 2:28.6 +3.1 -0.7 +0.5 +1.9 D C
11R T1400 レッドファルクス    牡6 京王杯スG2 1:23.2 +2.5 -0.6 +0.6 +1.3 D C

2017/05/13 (土)  ダ=-0.5 → -1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 ホノカ    牝3 未勝利・牝 1:25.9 -0.1 --- +0.3 -0.4 D C
2R D1600 レッドコマチ    牡3 未勝利 1:38.9 -0.3 --- +0.3 -0.6 C C
3R D1400 エニグマ    牡3 未勝利 1:25.4 -0.6 --- ±0 -0.6 C D
6R D1600 アンジュデジール    牝3 500万下・牝 1:35.8 -2.4 --- -1.2 -1.2 A D
8R D1300 タイセイプレシャス    セ5 500万下 1:17.2 -1.3 --- -0.2 -1.1 C D
12R D1600 シュナウザー    牡4 1000万下 1:35.9 -1.3 --- +0.5 -1.8 D C

         

6R500万下・牝 解説者次走推奨馬
1着 アンジュデジール コメントなし
6R500万下・牝 解説者次走推奨馬
3着 レッドアトゥ 道中は速い流れに対応していたが、直線に入って動けないポジションに入ってしまう。ご覧のように狭いところに入ってしまう。行き場がなくてスペースが見つからずに待つ感じになった。これでも最後馬群がバラけてからは、1頭なかなか良い伸びで伸びて来る。結果3着に敗れた。まともなら勝っていたとは言わないが、2着に来ていた可能性はかなり高いと思う。次走前進期待したいですし、少なくとも2着馬のアポロマーキュリーよりは上の評価を与えたいと思う。
9R夏木立賞500 解説者次走危険馬
2着 ナンヨープルートー 外に持ち出して伸びて来るが、展開考えたらよく差を詰めているのは間違いないが、結構7分どころを走っていたがドンドン内に刺さって行く。最初は外へ行きかけていたが、残り200mから一気に内へ刺さるような形になって行って、伸びつつもちょっと荒い面も出しているという感じ。今回は極端でかなり大味な競馬が上手くハマった感じがする。この内容を見ているとまだ馬も若さありますし、次走信頼まではどうかと思う。
10R緑風SH1600 勝ち馬上位馬
1着 リッチーリッチー コメントなし
馬券Summary
新潟ダートの傾向
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準