ヒメカノ ダウンロード販売

2017年1回新潟3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜プラス1秒0からプラス1秒8へと変動、日曜がプラス0秒9からプラス0秒4へと変動。直線1000mは土曜がプラス1秒3、日曜がプラス0秒7だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週はマイナスの数値だったが、先週は一転してプラスの数値になり、時計が掛かった。直線1000mについては開催初日はまずまず時計が出やすく、2日目以降はプラスの数値だった。特に先週土曜は時計が掛かっていた。
 土曜は朝から雨が降り続いて、芝で最初のレースとなった5R時点でかなり時計の掛かるコンディションだった。終盤はさらに時計が掛かっていった。一方日曜日は馬場が乾いて行った上に開催2日目と同じく向正面で追い風になって、土曜とは逆方向に動いた。とは言え、プラスの数値のままで時計が出やすいレベルにまでは戻った訳ではない。そして直線1000m、こちら土曜が雨で日曜は向かい風で時計が掛かっていた。このようなコンディションになった影響があるのか、馬場の内側を開けて走る馬が多く見受けられて、開催2週目にしては結構内の方が荒れている感じ。脚質がどうこうと言うよりは、単純に外に出した方がよく伸びている印象。
 先週の芝の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒4からプラス0秒8へと変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒3へと変動、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、まず1800mはマイナスの数値の日はなく、総じて時計が掛かっている。一方1200mは水準に近いレベルで推移している。
 土曜は雨が降り続いて終盤の方が時計出やすくなったが、脚抜きが良いという程ではなかった。逆に日曜は馬場が乾いて来たのに加えて、強風の影響で向かい風の区間を2回通る1800mは時計が掛かっていた。一方1200mは前半が追い風になって、馬場が乾くのと相殺されて終日馬場差は同じという事になった。なお、脚質面では11鞍中8鞍で逃げ馬が連対していた。圧倒的に前にいた馬が有利だった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/05/06 (土)  芝=+1.0 → +1.8 / 直線=+1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1400 ワンオブクインズ    牝3 未勝利 1:23.8 +1.4 --- +0.7 +0.7 D D
6R T2400 コンボルド    牡3 未勝利 2:32.0 +4.2 -0.6 +2.3 +1.3 SL D
9R T2000 ピンクブーケ    牝5 500万下 2:03.2 +3.2 -0.9 +0.8 +1.5 D D
11R T1000 プレイズエターナル    牡7 駿風S1600 0:56.4 +1.9 --- +0.6 +1.3 D D
12R T1600 ホーリーシュラウド    牝5 三条特別500 1:36.7 +2.8 --- +1.4 +1.4 E D

2017/05/06 (土)  ダ=+0.5 → ±0 1200m=-0.1 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1800 ジュンテオドーラ    牝3 未勝利・牝 1:55.8 +1.8 --- +1.3 +0.5 E D
3R D1200 エイシンブリッツ    牡3 未勝利 1:12.7 ±0 --- +0.1 -0.1 C D
7R D1200 ナミノリゴリラ    牝5 500万下・牝 1:12.1 +0.2 --- +0.5 -0.3 D D
8R D1800 コパノアラジン    牡4 500万下・若 1:52.7 -0.1 --- -0.3 +0.2 C C
10R D1800 アルムチャレンジ    牡3 わらび賞500 1:54.0 +0.9 --- +0.9 ±0 E D

         

6R未勝利 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 コンボルド コメントなし
馬券Summary
新潟ダートの傾向
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準