2017年2回中山1日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。
 先週は月曜日にまとまった雨が降ったが、木曜の雨は1.5ミリに止まった。しばらく雨が降らなかったので、芝にとっては良いお湿りになった。土曜朝には乾いて良馬場。今回はエアレーション作業を施したこともあって、速い時計の出るコンディションではあっても、高速までには至らない範囲でスタートしている。馬場差は土日ともに同じで、終日対象。勝ち馬のウチ、前に行った組が多いのはスローのレースが多かったため。差し・追い込みが届いており、脚質的な偏りはない。なお、今開催は全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。
 中間の雨で水分を含んだ状態からスタートした。土曜は稍重発表、日曜早朝まで稍重だったが、好天で気温が上がって日曜の1R前には良に回復した。馬場差は水分の多い、土曜の方が1800m・1200mともにほぼ水準。乾いた日曜がプラス方向に傾いたパターン。土曜の1200mが若干前有利な気もしているが、本質的に脚質的な偏りはなくて、差しや追い込みもよく決まってはいた。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/02/25 (土)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ヴァイスジーニー    牡3 未勝利 1:35.5 -0.4 --- +0.1 -0.5 C D
6R T2000 ストロングレヴィル    牡3 新馬 2:07.6 +4.4 -1.2 +3.8 -0.6 SL C
7R T1800 デアレガーロ    牝3 500万下・牝 1:49.8 +0.9 -0.7 +0.7 -0.5 D D
9R T2200 イブキ    牡3 水仙賞500 2:17.2 +2.1 -1.1 +1.7 -0.7 SL C
10R T1200 ファインニードル    牡4 アクアH1600 1:08.5 +0.1 --- +0.5 -0.4 D D

2017/02/25 (土)  ダ=+0.1 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 アポロマーキュリー    牝3 未勝利・牝 1:57.3 +1.6 --- +1.5 +0.1 E E
2R D1200 サウンドストリート    牡3 未勝利 1:12.9 ±0 --- ±0 ±0 C D
3R D1800 プレゼンス    牡3 未勝利 1:56.2 +0.5 --- +0.4 +0.1 D D
8R D1200 プレシャスエース    牡4 500万下 1:12.1 +0.2 --- +0.2 ±0 C D
11R D1800 モンドクラッセ    牡6 総武S 1:52.6 +0.8 --- +0.7 +0.1 D C
12R D1200 ビービーサレンダー    牡4 1000万下 1:11.3 ±0 --- ±0 ±0 C C

         

5R未勝利 次走番組注目馬
2着 ディーグランデ コメントなし
8R500万下 解説者次走推奨馬
5着 エビスリアン 前走の中京戦からブリンカー着用で控える競馬を試みて、0秒1差4着と結果が出たあと。今回も当然のことながら控える策に出たが、流れはダート1200mで、レースの前半600mは34秒5。力上位のプレシャスエースの逃げに鈴を付けに行く者がいなくて、2着・3着の4コーナー2番手・3番手の馬が流れ込んだだけ。典型的な行った行ったの前残りの展開だった。この展開ではただでさえ苦しいのに4コーナーでは砂を被って頭を上げるシーンもあった。それでいながら内めをよく差し込んでいる。展開待ちには違いないが、次走はこんなにも遅くならないと見て狙ってみる。
馬券Summary
中山ダート1800m、3歳未勝利戦の考察
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準