2017年2回京都6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒8、日曜がプラス1秒5だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨や雪の影響を受け、プラス1秒を超える日が多くなっている。
 連続開催の終盤、しかも雪の影響で時計が掛かっていた。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行の連対は土曜5R2着スティッフェリオだけ。好位・中団勢が多く、日曜の4鞍は全て勝ち馬が好位で2着が中団だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒1、日曜はマイナス1秒8からマイナス1秒2へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスゾーンだが前の開催最終週は水準に近いレベルだったのに対し、この開催に入って2週目以降特に4日目からは全てマイナス1秒を超えている。
 凍結防止剤が散布されてはいたが、それでも雪の影響が残って土曜はマイナス2秒1とかなり脚抜きの良いコンディションだった。日曜は土曜と比べれば乾き、さらに終盤は乾いて馬場差は水準に近づいたが、それでも1800m換算の数値はマイナス1秒台だった。連対馬の脚質については、土曜は先々週に続いて前に位置した馬が優勢。土曜ほどの高速馬場ではなかった日曜だが、土曜ほどに顕著な先行有利ではなかった。ただ、日曜後半に差しが決まったケースについては、相手関係や展開も影響していたと言えると思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2017/02/12 (日)  芝=+1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ゴールドハット    牡3 未勝利 1:35.9 +0.4 --- -0.8 +1.2 B D
6R T1800 テーオーフォルテ    牡3 新馬 1:51.0 +2.0 -0.6 ±0 +1.4 C C
9R T1600 マイスタイル    牡3 こぶし賞500 1:36.2 +1.4 -0.2 ±0 +1.2 C D
11R T2200 サトノクラウン    牡5 京都記念G2 2:14.1 +2.4 --- +0.7 +1.7 D C

2017/02/12 (日)  ダ=-1.8 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウアリソン    牡3 未勝利 1:12.7 -0.3 -0.2 +0.7 -1.2 D E
2R D1800 ナムラカブト    牡3 未勝利 1:52.1 -2.2 --- -0.4 -1.8 B C
3R D1400 ヤマニンアンプリメ    牝3 未勝利・牝 1:24.9 -1.0 --- +0.4 -1.4 D C
7R D1900 ガンコ    牡4 500万下 1:59.0 -0.4 --- +1.3 -1.7 E D
8R D1800 サンタエヴィータ    牝6 1000万下・牝 1:52.8 +1.0 --- +2.6 -1.6 E D
10R D1900 モルトベーネ    牡5 アルデバH 1:57.7 +0.5 -0.3 +1.7 -1.5 E C
12R D1200 クリノリーソクツモ    牝5 1000万下 1:11.2 -0.1 --- +0.7 -0.8 D C

         

5R未勝利 勝ち馬上位馬
1着 ゴールドハット コメントなし
10RアルデバH 解説者次走危険馬
1着 モルトベーネ これはタイムランクEになった。タイム的価値はちょっとない。これ勝った事で次走もしハンデ戦に出ると負担重量が重くなるという事で予想されて厳しいと思う。別定戦とか重賞だとやっぱりこのタイムランクEではどうかなという感じで、危険馬とする。
馬券Summary
阪神JFvsクイーンC
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準