ヒメカノ ダウンロード販売

2016年2回小倉10日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜はプラスマイナスゼロでスタートして5R以降は設定不能だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、開催が進むにつれ時計が掛かって来ていたが、先週土曜はマイナスゾーンに戻った。ただ、日曜は雨の影響で後のレースになるほど時計が掛かった。
 先週からBコースに替わって、内側の傷んだ部分の多くがカバーされ、土曜は1週前よりは速い時計が出る状態になった。日曜の1Rはプラスマイナスゼロと土曜とあまり変わらなかったが、そこから雨が降って一気に悪化。3Rはプラス0秒3程度で済んだが、5R以降はかなり悪化して相当時計の掛かる状態となって、馬場差は設定不能となった。日曜の5R以降は馬場に苦しんだ馬もいたはずだが、ここまで悪化するとほぼ全ての馬が馬場に苦しむので、力通りの決着になりやすい。その日曜の後半は直線で外を通る馬の好走が目立った。ただし、内を通る馬が元々少なかったので、それほど傷みが進行していないかもしれない。今週の傾向がどうなっているかは、実際にレース当日に観察するしかない。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜はプラス0秒5からマイナス1秒0へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、プラスの数値が続いていたが、雨の影響を受けた先週の日曜後半はこの開催で初めてマイナスの数値になった。
 金曜の朝に雨が降って、その影響で土曜の時点で1週前よりは速い時計が出る状態だった。日曜は2Rから雨が降って、最後は不良馬場まで行った。そのため馬場差は急速にマイナス方向へと変動。2Rは土曜と同じプラス0秒5だが、7Rがプラスマイナスゼロ、8Rは1700m換算の数値でマイナス0秒3、そして12Rがマイナス1秒0だが、12Rの時点ではもう水が浮いて、脚抜きが良いという状態を通り過ぎていた。もし10R辺りにダートのレースが組まれていたら、そのレースはマイナス1秒以上の高速馬場だったはず。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2016/08/28 (日)  芝=±0 → 設定不能
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 ビーカーリー    牝2 未勝利 1:09.9 +0.3 --- +0.3 ±0 D D
3R T1200 スパイチャクラ    牝3 未勝利 1:09.3 +0.2 --- ±0 +0.2 C D
5R T1800 ヴァナヘイム    牡2 新馬 1:53.8 +4.8 -0.5 --- --- - C
6R T2000 トライブキング    牡3 未勝利 2:03.4 +2.6 --- --- --- - D
9R T2000 ワンスインアライフ    牡3 鳥栖特別500 2:02.4 +2.5 --- --- --- - D
10R T1200 フィドゥーシア    牝4 別府特別1000 1:10.0 +1.9 --- --- --- - D
11R T1800 テイエムイナズマ    牡6 小倉日経 1:50.0 +5.0 --- --- --- - E

2016/08/28 (日)  ダ=+0.5 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 ロイヤルネイビー    牡3 未勝利 1:48.5 +2.2 --- +1.7 +0.5 E C
7R D1700 ナオミベガス    牝3 500万下・牝 1:45.8 +0.6 --- +0.6 ±0 D D
8R D1000 ダイシンバルカン    牡4 500万下 0:58.1 -0.3 --- -0.1 -0.2 C D
12R D1700 トウケイワラウカド    牡3 500万下 1:44.5 -0.7 --- +0.3 -1.0 C D

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ヴァナヘイム コメントなし
7R500万下・牝 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ナオミベガス コメントなし
馬券Summary
サマー2000シリーズ最終戦
後ほど
30%OFFセール
↑30%OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準