2016年1回福島3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がプラス0秒7。そして日曜の1200mはマイナス0秒1からプラス0秒4へと変動した。ここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、3日目までは速い時計の出るコンディションだったが、4日目は雨・風の影響で時計が掛かった。
 日曜は断続的に雨が降った上に向正面で向かい風の影響を受けた。時計の出方が比例せず、中・長距離と1200mで馬場差を分けた。中山ほどの強風ではなかったが、中山よりも雨の影響は強く、変則的な表示になったという事。さらに日曜芝は1200mが3鞍行われた後、終盤に中・長距離戦が2鞍続くという番組で、1200mの3鞍については後になる程、時計が掛かっていき、マイナス0秒1からプラス0秒4へと変動したが、終盤の2鞍は1つの馬場差で表示している。連対馬の脚質を見ると、差し馬が優勢。なお、最終週の今週だけはAコースからBコースになる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜はプラス0秒4からプラスマイナスゼロへと変動。1150m対象の数値はプラス0秒6からプラス0秒4へと変動した。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、ほとんどはプラスゾーンで、総じて時計が掛かっていたが、日曜は雨の影響で後半・水準方向へ動いた。
 日曜はダートも当然雨・風の影響を受けた。基本的には前半と比べれば、後半は雨の影響で時計が出やすくなっているが、短距離の1150mは風の影響も受けて1700mと比較すれば、時計の出方に大きな動きはないという事。連対馬の脚質については、簡潔に言えば、土曜は前へ行った馬。日曜は差し馬。馬場コンディションが変わったので、連対馬の脚質も変わったという事だろう。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2016/04/16 (土)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 コーディネーター    牡3 未勝利 1:09.7 -0.2 --- +0.3 -0.5 D E
4R T1800 ブリガアルタ    牝3 未勝利・牝 1:49.6 +0.7 -0.7 +0.8 -0.8 D D
5R T1200 グラミスキャッスル    牝3 未勝利 1:09.6 -0.3 --- +0.2 -0.5 C E
6R T2000 ヤマニンリュウセイ    牡3 未勝利 2:00.6 -1.2 --- -0.3 -0.9 C D
9R T1800 スペランツァデーア    牝5 500万下・牝 1:47.4 -0.5 --- +0.3 -0.8 C D
10R T2600 メイアルーア    牡4 燧ヶ岳特500 2:41.5 +0.8 -0.7 +1.3 -1.2 SL D
12R T1200 デンコウウノ    牡5 医王寺特500 1:09.6 +0.4 --- +0.9 -0.5 E E

2016/04/16 (土)  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 ベルリンガー    牝3 未勝利・牝 1:48.7 +1.4 --- +0.7 +0.7 D E
3R D1700 オリエンタルイギー    牡3 未勝利 1:48.9 +1.6 --- +0.9 +0.7 E D
7R D1150 セトアロー    牡5 500万下 1:09.4 +0.9 --- +0.4 +0.5 D D
8R D1700 トウケイアロー    牡5 500万下・若 1:47.1 +1.1 --- +0.4 +0.7 D E
11R D1150 ショコラブラン    牡4 ラジオH1000 1:08.5 +0.6 --- +0.1 +0.5 C C

         

6R未勝利 番組注目馬
1着 ヤマニンリュウセイ コメントなし
馬券Summary
中山ダートの1・2番で凡走した馬を次狙え
後ほど
SOD30%OFF
↑SOD30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準