2015年4回京都5日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。京都も開幕週は3日間開催だったので、ここまで5日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台。しかもマイナス1秒7からマイナス1秒5の間とかなり速い時計の出るコンディションで安定している。
 東京のように雨の影響を受けず、かなり速い時計の出るコンディションで変わっていない。ただし、連対馬を見ると特に日曜は中団・後方に位置していた馬がほとんど来た。緩みのないペースになると、差し馬が浮上してくるという事。少なくとも、ただ高速馬場という事で、前有利という結果ではなかった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。さかのぼって5日間の馬場差を振り返っておくと、初日・2日目がマイナス0秒6、3日目以降がマイナス0秒5でほとんど変わらない。
 ダートも乾いた馬場でコンディション自体が変わっていないので、いくらか速めの時計が出るレベルだが、安定している。連対馬の脚質を見ると土曜はいくらか逃げ・先行優勢で、日曜は差し優勢だった。コンディションよりはペースや相手関係が影響したと思われる。言い換えると、京都ダートは前が有利と言われるが、顕著にそのような傾向にはなっていなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/10/18 (日)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 クラリティーアイズ    牝2 未勝利 1:34.2 -1.4 --- -0.1 -1.3 C B
5R T1800 マカヒキ    牡2 新馬 1:47.7 -1.5 -0.7 -0.8 -1.4 B B
7R T1600 ガリバルディ    牡4 1000万下 1:32.7 -1.2 --- +0.1 -1.3 C B
9R T1400 メイショウスイヅキ    牝2 もみじS 1:21.4 -0.6 --- +0.5 -1.1 D C
10R T2200 グリュイエール    牡3 鳴滝特別1000 2:10.9 -2.2 -0.4 -0.8 -1.8 B C
11R T2000 ミッキークイーン    牝3 秋華賞G1 1:56.9 -2.0 --- -0.4 -1.6 B B

2015/10/18 (日)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 レガーロ    牡2 未勝利 1:55.1 +0.5 -0.2 +0.8 -0.5 D C
3R D1200 シンゼンスタチュー    牡2 新馬 1:13.2 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D
4R D1900 ミキノトロンボーン    牡3 500万下 1:59.3 +0.1 --- +0.6 -0.5 D C
6R D1400 ハラペーニョペパー    牝3 500万下・牝 1:24.6 +0.1 --- +0.5 -0.4 D D
8R D1800 サージェントバッジ    牡3 1000万下 1:51.0 -0.8 --- -0.3 -0.5 C D
12R D1200 デルマヌラリヒョン    牡5 藤森S1600 1:11.5 +0.8 --- +1.1 -0.3 E C

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 マカヒキ コメントなし
5R新馬 番組注目馬
2着 エンヴァール コメントなし
10R鳴滝特別1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 グリュイエール コメントなし
馬券Summary
信じがたい光景
後ほど
ナチュラルハイ30%OFF
↑ナチュラルハイ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準