2015年4回阪神7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差は2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって7日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だが、週単位で見ると徐々に水準へ近づいている。
 木曜と金曜日に合計36ミリの雨が降った。土曜朝は稍重でスタート。5Rには良に回復したが、コース替わりにも関わらずマイナス1秒前後で推移していた馬場差が水準に近づいたのは、雨の影響によるもの。なお、馬場発表は変更されたが馬場差は終日同じ。日曜は朝から良馬場だったが、日付が変わった朝方にかけて少量の雨が降った事もあって、土曜よりもさらに水準に近くなっていた。決め手は多岐に及んでいるが、中山よりは前残りが多いことに変わりはない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はマイナス1秒台の数値だったが、2週目・3週目はマイナスの数値ではあるが、水準に近いレベルとなった。
 雨の影響から土曜は重馬場でスタートして、6Rから稍重となったが、馬場差は1日を通した数値。ともかく馬場差は水準寄りで、水分を含んでいた3日目と同じ数値だった。日曜は朝から良馬場発表ではあるが、未明からの朝にかけての雨もあって、稍重程度の水分が含まれていたと見ている。よって土曜よりも若干ではあるが、速くなっていた。ただ、いずれにしても2週目・3週目は雨の影響が残った日でも、速い時計の出るコンディションにはなっていない。なお、ペースにもよるが特に土曜は芝よりも差し・追い込みが決まっていた印象があり、土曜1Rはマクリと追い込み。12Rは追い込み同士のワンツーだった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/09/27 (日)  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 エイシンギガント    牡2 未勝利 1:35.7 -0.2 --- +0.1 -0.3 C C
5R T2000 ロライマ    牡2 新馬 2:05.2 +2.3 -1.2 +1.5 -0.4 SL C
7R T1400 ネオヴィクトリア    牝5 500万下 1:21.6 -0.4 --- -0.1 -0.3 C C
9R T1600 ダッシングブレイズ    牡3 甲東特H1000 1:34.1 +0.1 -0.4 ±0 -0.3 C C
10R T2000 ウインリバティ    牝4 ムーンH1600 2:01.9 +2.4 -0.6 +2.2 -0.4 SL D
11R T2400 リアファル    牡3 神戸新聞G2 2:26.7 +0.9 -1.0 +0.4 -0.5 C C

2015/09/27 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 サウンドスカイ    牡2 未勝利 1:26.4 ±0 --- +0.2 -0.2 C E
3R D1800 ドリームキラリ    牡3 未勝利 1:55.7 +1.6 --- +1.9 -0.3 E E
6R D1400 ヴェンジェンス    牡2 新馬 1:26.3 -0.3 --- -0.1 -0.2 C C
8R D1800 ココ    牝3 500万下・牝 1:53.5 +0.4 --- +0.7 -0.3 D E
12R D1200 パーティードレス    牝4 1000万下 1:11.4 -0.3 --- -0.1 -0.2 C D

         

9R甲東特H1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ダッシングブレイズ コメントなし
9R甲東特H1000 解説者次走推奨馬
6着 ナガラフラワー コメントなし
馬券Summary
ハービンジャーの現状
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準