2015年2回小倉12日目

馬場コメント
 先週の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜はマイナス0秒3からマイナス0秒1へと変動した。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値ではあったが、マイナス1秒を超えたのは9日目の前半だけだった。
 土曜は良馬場で特筆事項なしだが、土曜の夜に大量の雨が降って、日曜日は重馬場でスタートした。日曜の4R以降稍重だが、午後3時頃から小雨が降って、さらに日曜は芝のレースが9鞍もあったので、レース進行による芝の傷みも重なって馬場差は変動となった。9Rまでは馬場差マイナス0秒3。11Rはマイナス0秒2、12Rはマイナス0秒1だが、日曜日の特に後半は明らかに外が伸びる馬場にもなっていた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス2秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値でマイナス1秒台・2秒台になる日の方が多く、総じて速い時計の出るコンディションだった。
 まず先週の土曜だが、良馬場でもマイナスの馬場差だったという事だが、実は今開催の小倉のダートではこれでも最も時計の掛かるコンディションだった。今年夏の小倉ダートは良馬場でも速い時計が出たという事は、これはしっかり押さえておきたい。土曜の夜に大量の雨が降って、日曜は不良馬場となった。水が浮いているという状態ではなく、脚抜きが良く超高速馬場となった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/09/06 (日)  芝=-0.3 → -0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 タンギモウジア    牝2 未勝利 1:09.3 -0.3 --- -0.1 -0.2 C D
2R T1800 プレミオテーラー    牝3 未勝利 1:47.8 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D
4R T1200 アドマイヤジャズ    牡3 未勝利 1:08.6 -0.5 --- -0.3 -0.2 B D
5R T1800 ヴレ    牡2 新馬 1:51.5 +2.5 -1.0 +1.8 -0.3 SL D
6R T2000 ヴァフラーム    牝3 未勝利・牝 2:00.9 +0.1 -0.3 +0.1 -0.3 C D
8R T1200 ハピネス    牝4 500万下・牝 1:08.4 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D
9R T1800 アングライフェン    牡3 若戸大橋500 1:48.4 +1.3 -0.5 +1.1 -0.3 SL C
11R T1200 シュウジ    牡2 小倉2歳G3 1:08.9 +0.2 --- +0.3 -0.1 D E
12R T2600 サラトガスピリット    牡3 500万下 2:42.0 +2.2 -0.6 +1.7 -0.1 SL D

2015/09/06 (日)  ダ=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1000 メイショウボノム    牡3 未勝利 0:58.0 -1.1 --- +0.1 -1.2 C D
7R D1700 サンデーウィザード    牡3 500万下 1:43.6 -1.8 --- +0.2 -2.0 C D
10R D1700 ミッキーシーガル    牡3 西日本ス1000 1:41.9 -2.7 --- -0.7 -2.0 B C

         

10R西日本ス1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ミッキーシーガル コメントなし
10R西日本ス1000 番組注目馬
2着 スーサンジョイ コメントなし
馬券Summary
夏の終わりにハービンジャーのまとめ
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準