2015年1回函館3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒5からマイナス0秒4へと変動、日曜はプラス0秒2からプラス1秒1へ変動した。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、開幕週は土日を通じてかなり速い時計の出るコンディションだったが、2週目の先週は雨の影響で時計が掛かって行った。
 函館は土曜朝から雨で少なくとも土曜前半については、マイナス1秒台の馬場差だった。土日ほとんどが雨の中で行われて、日曜終盤に向けて時計が掛かって行った。短時間で一気に悪化したという訳ではなく、ジワジワ確実に時計が掛かって行った。開催日当日という事では3場の内最も影響を受けたのが函館だった。連対馬の脚質だが、中団・後方の馬が絡んでいないのは土日の13鞍中、雨の影響を比較的受けていなかった土曜前半の2鞍だけ。とは言え、逃げ・先行も粘っていて、特に日曜の7鞍中3鞍は逃げた馬が勝って、中団・後方から延びて来た馬が2着という組み合わせだった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス1秒6へと変動、日曜はマイナス2秒4だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台かマイナス2秒台で速い時計の出るコンディションになっている。
 土日を通して良馬場だった開幕週でさえ、マイナス1秒台の数値だったので雨の影響を受けた先週さらに時計が出やすくなるのは当然と言えば当然。土曜は雨が降り続いて、ダートで最後に行われた11Rはマイナス1秒6。日曜はさらに高速化してマイナス2秒4になった。日曜については雨が降り続いていたものの、高速化もMAXになってしまった感じで、時計の出方としては終日変わらなかった。特殊と言える馬場コンディションではあったが、連対馬の脚質に目立った偏りは見られなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/06/27 (土)  芝=-1.5 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 サウンドドゥイット    牡3 未勝利 1:10.3 -0.3 --- +0.6 -0.9 D D
4R T1800 トラストルシファー    牝3 未勝利・牝 1:50.2 ±0 --- +1.3 -1.3 E D
5R T1200 ブランボヌール    牝2 新馬・牝 1:10.5 -0.8 --- ±0 -0.8 C C
8R T1200 ウイングパラダイス    牝4 500万下 1:10.3 +0.3 --- +0.8 -0.5 E E
10R T2000 サトノメサイア    牡3 湯川特別500 2:01.9 -0.3 --- +0.3 -0.6 C D
12R T1200 トロピカルガーデン    牝3 長万部特500 1:09.9 -0.1 --- +0.1 -0.2 C C

2015/06/27 (土)  ダ=-1.0 → -1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1000 テーオーヘリオス    牡3 未勝利 0:59.3 -0.7 --- -0.1 -0.6 C D
3R D1700 ビックマウンテン    牡3 未勝利 1:46.7 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D
6R D1000 コラッジョーゾ    牡2 新馬 1:01.3 +0.6 --- +1.3 -0.7 E D
7R D1700 ツクバホシノオー    牡4 500万下 1:46.9 +0.3 --- +1.6 -1.3 E D
9R D1700 ブレーヴマン    牡3 500万下 1:45.8 -0.8 --- +0.7 -1.5 D C
11R D1700 ジェベルムーサ    牡5 大沼S 1:43.9 -0.3 --- +1.3 -1.6 E D

         

馬券Summary
走り始めたハービンジャー産駒
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準