ヒメカノ ダウンロード販売

2015年1回福島4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒7だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、初日がプラス0秒4、その後開催が進む毎に時計が出やすくなるという芝では珍しい推移になっている。
 土曜は雨の影響が残っていた上、強風の影響で水準に近いレベルだった。日曜は土曜と比べて馬場が乾き、風の影響もなく時計が出やすくなったと言える。振り返れば開幕週も雨の影響を受けましたし、普通の良馬場だったのなら先週日曜ぐらいの馬場差だったと見ている。なお、土日13鞍の連対馬26頭の内、半数の13頭は中団・後方に位置していた馬。開幕週と比較すると差しが効くようになっていた。ただし、1200mに関してはまたしても枠連1・2が土日6レース中3レースで出現した。土日6レースの3着以内18頭の内12頭が馬番1番から6番だった。また、日曜3レースで全て逃げ馬が連に絡むなど、4レースで逃げ馬が2着以内。他の距離に比べて明らかにイン有利の傾向が出ていた。ただ、ここまでは良いが、最終週の今週はBコース。なので、先週の傾向がそのまま続くとは言えない。ここがちょっと悩ましいところ。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は土日ともマイナスの数値だったが、先週はプラスゾーンとなった。
 先週は土日ともに水準寄りとは言え、プラスの数値だった。土曜については稍重でスタートしたように、乾いたコンディションではなかったが、風の影響もあっていくらか時計が掛かっていた事になる。その土曜は7Rから良馬場で行われたが、馬場差は1日を通した数値。連対馬は前めに位置していた馬が優勢とは言え、強調できるレベルではない。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/04/19 (日)  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1200 アグネスリュシアン    牝3 未勝利・牝 1:09.4 -0.5 --- -0.1 -0.4 C D
5R T1800 サンデーウィザード    牡3 未勝利・若 1:49.4 +0.5 -0.4 +0.7 -0.6 D E
7R T1200 セトノフラッパー    牝5 500万下 1:08.8 -0.4 --- ±0 -0.4 C E
10R T1200 ヴィクタープライム    牡3 雪うさぎ500 1:08.7 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
11R T2600 カノン    牝5 奥の細道1000 2:38.3 -1.7 --- -0.8 -0.9 B D
12R T2000 マイネルヴェルス    牡4 浄土平特500 2:00.7 +0.1 --- +0.8 -0.7 D D

2015/04/19 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1150 ブリンディス    牡3 未勝利 1:09.3 ±0 --- -0.2 +0.2 C D
3R D1700 フクノドービル    牡3 未勝利 1:47.4 +0.1 --- -0.2 +0.3 C D
6R D1700 マックスユーキャン    牝4 500万下・牝 1:47.3 +1.3 --- +1.0 +0.3 E D
8R D1150 スピーディードータ    牝6 500万下・牝 1:09.6 +1.1 --- +0.9 +0.2 E D
  
9R D1700 エアーウェーブ    牡5 500万下 1:47.2 +1.2 --- +0.9 +0.3 E D

         

3R未勝利 番組注目馬
1着 フクノドービル コメントなし
馬券Summary
前走、2回中京3週目芝 4コーナー4番手以内のデータ
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準