ヒメカノ ダウンロード販売

2015年1回京都2日目

馬場コメント
 1週目の芝の馬場差2000m対象の数値は初日・2日目ともにマイナス1秒1だった。
 元日と2日に雪が降って3日正午の時点では稍重だったが、競馬は全て良馬場で行われた。芝に関しては雪が溶ける前にどかしてしまえば、あまり影響がなくて馬場差マイナス1秒1というのは、昨年の1回京都1週目とほぼ同じだった。昨年の秋に4週間Bコース・Cコースが使用された後のAコースで、内が圧倒的に有利というのもここ数年の1回京都1週目と同じ。1回京都は全てAコースが使用され、次の2回京都はBコースとなる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は初日がマイナス2秒4からマイナス1秒8へと変動、2日目はマイナス1秒5からマイナス1秒0へと変動した。2日ともに変動だった。元日と2日に雪が降った影響が残って、開催初日は重馬場でスタートし、その後ゆっくりと乾いて行った。馬場差は2日をかけてマイナス2秒4から1秒0へと変動。具体的には初日の1Rと2Rがマイナス2秒4、3Rと4Rがマイナス2秒3、7Rがマイナス2秒1で、8Rがマイナス2秒0、そして10Rがマイナス1秒8。2日目は1Rと2Rがマイナス1秒5、3Rと4Rがマイナス1秒4、7Rと8Rがマイナス1秒2で12Rがマイナス1秒0だった。超高速馬場だったと言える初日は差し切り勝ちが結構多くて、初日よりは時計の掛かる馬場だった2日目の勝ち馬は全て4コーナー3番手以内だった。2日目の方が全体的にタイムランクもメンバーランクも低くて、そのため単調なレースが多かったというのも事実だが、高速馬場のダートは特に先行有利という訳ではないというのは、何度も言っている通り。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/01/05 (月)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T2000 サトノラーゼン    牡3 未勝利 2:01.1 -1.0 -0.7 -0.6 -1.1 B C
6R T1600 バトルクライス    牡3 新馬 1:35.9 +0.1 --- +1.0 -0.9 E C
9R T2000 ダイシンサンダー    牡4 北大路特1000 2:00.3 +0.5 -0.8 +0.8 -1.1 D C
10R T1400 リヴェレンテ    牡7 新春S1600 1:20.4 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D
11R T3000 ステラウインド    牡6 万葉SH 3:08.5 +3.1 -1.2 +3.6 -1.7 SL D

2015/01/05 (月)  ダ=-1.5 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 ネイバルエンスン    牡3 未勝利 1:12.3 -0.7 --- +0.3 -1.0 D C
2R D1800 ヒデノインペリアル    牡3 未勝利 1:53.0 -1.3 --- +0.2 -1.5 C C
3R D1400 ピンストライプ    牡3 未勝利 1:25.0 -0.9 --- +0.2 -1.1 C C
4R D1800 マイネルオフィール    牡3 500万下 1:54.1 +0.7 -1.2 +0.9 -1.4 SL C
7R D1800 フェリーチェレガロ    牝5 500万下・牝 1:52.6 ±0 --- +1.2 -1.2 E D
8R D1900 プリンスダム    牡4 500万下 1:59.0 -0.2 --- +1.1 -1.3 E D
12R D1400 メイショウオセアン    牡4 1000万下 1:23.3 -0.5 --- +0.3 -0.8 D C

         

5R未勝利 番組注目馬
2着 レーヴミストラル コメントなし
9R北大路特1000 解説者次走推奨馬
3着 アウォーディー コメントなし
馬券Summary
「6年連続」と「4年連続」
後ほど
30% OFFセール
↑30% OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準