ヒメカノ ダウンロード販売

2015年1回中山2日目

馬場コメント
 芝の馬場差2000m対象の馬場差は初日・2日目ともにマイナス0秒8だった。中山は昨年暮れから実質連続開催ですので、馬場差の推移を振り返っておく。暮れの開催3週目の土曜終盤から日曜にかけては雨の影響で時計が掛かってプラスの数値となったのを除くとマイナスゾーンで速めの時計が出るコンディション。ただし、高速馬場と言うほどのレベルではなかった。
 昨年12月の開催はAコースだったが、今開催Cコースに替わって、馬場差はマイナス方向に動いた。内の傷んだ部分がカバーされたと言う事も少しは影響しているが、AコースからCコースに移動するとコーナーが緩くなるという事も時計が出やすくなる要因の一つ。で、コーナーが緩い中山のCコースは内を通る馬が有利になりやすく、1週目は外を通るとアウトという程ではなかったが、内を通る馬の好走が多かった。なお、この開催は4週通してCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は初日がプラス0秒9、2日目がプラス1秒1。1200m対象の数値は初日・2日目ともにプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておく。まず1800mは暮れの開催6日目に雨の影響で脚抜きが良くなり、かなり速い時計の出るコンディションになったが、最終週そして年明け1週目は時計が掛かった。1200mも暮れの開催3週目に雨の影響で時計が出やすくなったが、他の開催日は水準レベル。
 最後に雨が降ったのが12月29日の月曜日だが、1月3日つまり開催前日の正午の時点で稍重だった。この時期は中間に馬場が凍結してそれが溶けるとか、霜が降りて溶けるとかで、そういう事が繰り返されて雨が降ってからしばらく経っても含水率が高いという場合がある。レースは全て良馬場で行われたが、そういう経緯もあって初日の方が少し含水率が高かったはず。という事で1800m対象の馬場差は両日で違いがある。特に1800mはパワー勝負の馬場という感じで、3歳の未勝利戦とか新馬戦だととにかく500キロ以上または、500キロぐらいあるでかい馬を狙えと言うのがかなり単純だが、結構有効だったりする。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2015/01/05 (月)  芝=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 アルビアーノ    牝3 新馬 1:36.5 +0.1 -0.7 ±0 -0.6 C C
9R T2000 タケルラムセス    牡3 寒竹賞500 2:01.6 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C
10R T1200 メイショウツガル    牡7 サンライ1600 1:07.8 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D
12R T2000 トレクァルティスタ    牡4 1000万下 2:01.8 +0.9 -0.8 +0.9 -0.8 SL C

2015/01/05 (月)  ダ=+1.1 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 モンサンビアンカ    牝3 未勝利 1:12.1 -0.9 --- -0.9 ±0 A D
2R D1800 エグランティーナ    牝3 未勝利・牝 1:57.5 +1.6 --- +0.5 +1.1 D C
3R D1800 スズカリバー    牡3 未勝利 1:57.1 +1.2 --- +0.1 +1.1 C C
6R D1800 デザートオブムーン    牝4 500万下・牝 1:56.1 +2.1 --- +1.0 +1.1 E D
7R D1200 サダムコーテイ    牡5 500万下 1:11.7 -0.2 --- -0.2 ±0 C D
8R D1800 ウラレナ    牡4 500万下 1:55.2 +1.2 --- +0.1 +1.1 C D
11R D1200 レーザーバレット    牡7 ジャニュH 1:10.4 +0.3 --- +0.3 ±0 D D

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 アルビアーノ コメントなし
7R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 サダムコーテイ コメントなし
馬券Summary
「6年連続」と「4年連続」
後ほど
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準