アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014年4回京都1日目

馬場コメント
 京都も3日間開催だったが、3日目の月曜日は台風の影響で中止。火曜日に代替競馬が行われた。この火曜日分については、京都大賞典の回顧を含めて、来週分の放送で取り上げる。
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス2秒0、日曜がマイナス1秒9だった。
 京都の開幕週らしい高速馬場で、レコード決着の日曜11RでもタイムランクはCだった。注意したいのは、高速馬場であっても前残りばかりではないという事。差し馬の好走が目立ち、スローペースの1800mや2000mでも差し馬が連対しているケースがある。直線で内を通らないとダメという事もなかった。この開催は9日間Aコースで行われるが、開幕週からこの感じだと、差し馬の活躍がさらに目立って来そう。血統面の傾向を付け加えると、土日ではディープインパクト産駒が2着はあるが、1勝もできなかった。その一方でエンパイアメーカーやLangfuhr、Henny Hughesと言ったどちらかと言えば、ダート向きという種牡馬の産駒が連対している。芝の高速馬場でスローペースにならないと、そういう一本調子のスピードが物を言う場合があって、そういう時はダート血統とかあるいは切れ味勝負では分が悪いという馬が好走する事がある。先週はそのパターンになったレースが多かった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒1だった。
 土日で馬場差が0秒3違うが、雨が降ったとか、そういう事はなかった。恐らく風の強さとあとは馬場管理で蒔いた水の量がどうだったかと、そういう問題だが、これはあくまでも推測。とくかく若干ではあるけども、土日で時計の出方が異なっていた。下級条件はだいたい前残りの傾向で、クラスが上がってハイペースになると差し決着もあるという、いつもの京都ダートだった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/10/11 (土)  芝=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 マイティティー    牝2 未勝利・牝 1:33.7 -1.9 --- -0.3 -1.6 C C
2R T1800 タガノエスプレッソ    牡2 未勝利 1:47.9 -1.0 --- +0.8 -1.8 D C
5R T1400 ペルフィカ    牝2 新馬 1:21.2 -1.8 --- -0.4 -1.4 B C
8R T2000 マヤノラムダ    牡4 500万下 1:59.3 -1.3 -0.6 +0.1 -2.0 C D
11R T2000 デウスウルト    セ6 大原S1600 1:58.2 -0.9 -0.4 +0.7 -2.0 D C

2014/10/11 (土)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1400 フォンタネットポー    牝2 新馬 1:26.3 +0.1 --- +0.4 -0.3 D D
6R D1800 ニシノシュロ    牝3 500万下・牝 1:52.5 -0.1 --- +0.3 -0.4 C D
7R D1400 ケッキセヨ    牡4 500万下 1:23.6 -0.9 --- -0.6 -0.3 B C
9R D1400 アルボナンザ    牝4 円山特別1000 1:23.6 -0.2 --- +0.1 -0.3 C C
10R D1800 アドマイヤランディ    牡3 愛宕特別1000 1:51.6 -0.2 --- +0.2 -0.4 C C
12R D1200 サトノスパークル    牡3 500万下 1:11.4 -0.5 --- -0.2 -0.3 C C

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ペルフィカ コメントなし
7R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ケッキセヨ コメントなし
7R500万下 番組注目馬
2着 メイショウホウトウ コメントなし
10R愛宕特別1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 アドマイヤランディ コメントなし
馬券Summary
関東圏のダート1400m
後ほど
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準