2014年4回阪神7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒4だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションだった。さらにマイナス1秒6からマイナス1秒3の間での推移で、時計の出方も安定していた。
 速い時計の出るコンディションだった。阪神では日曜に一時的に雨が降ってはいたが、時計の出方に影響を及ぼすほどではなく、土日とも同じ数値。また、台風の影響か強風ではあったが、風のために時計が掛かるというようにはなっていなかった。ただ、連対馬の脚質を見ると土曜12R、そしてトピックスで挙がっていたスローペースの日曜10Rの1・2着馬以外は全て、好位か中団に位置していた馬。つまり、外回りの連対は全て好位・中団の馬だったという、前へ行っても後方に控えてもダメだったという事になる。これだけ偏るのは珍しいので、この脚質分布には風が影響していたのかもしれない。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒8だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、マイナス1秒2だった5日目を除けば、全てマイナス0秒8かマイナス0秒7でほとんど動きが無く安定していた。
 5日目以外は全く安定していた。それも水準よりかなり速い馬場差となっていた。連対馬の脚質は週によって若干差はあったものの、全体を通して考えると阪神らしく差しも十分に効く馬場だったと言えるだろう。とにかく4回阪神は時計比較がしやすい開催だったと覚えておいてください。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/10/04 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 ヤマニンマンドール    牡2 未勝利 1:34.4 -1.5 --- -0.4 -1.1 B D
5R T1800 スティーグリッツ    牡2 新馬 1:49.5 +0.4 -0.7 +1.0 -1.3 SL C
8R T2400 ヴォルスング    牡3 500万下 2:28.3 +1.2 -0.7 +2.2 -1.7 SL D
10R T1200 ヤマノレオ    セ4 芦屋川特1000 1:08.3 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C
12R T1400 サチノクイーン    牝3 500万下 1:21.5 -0.5 --- +0.5 -1.0 D C

2014/10/04 (土)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 シュバリエブラン    牡2 未勝利 1:54.8 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D
3R D1800 エアピザレー    牡3 未勝利 1:54.7 +0.6 -0.3 +1.1 -0.8 E D
4R D1400 ムーントラベラー    牝3 未勝利 1:25.3 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D
6R D1800 ハッピーエム    牝3 500万下・牝 1:52.1 -1.0 --- -0.2 -0.8 C D
7R D1400 キタサンウンゲツ    牡3 500万下 1:23.7 -1.2 --- -0.6 -0.6 B C
9R D1400 キャプテンシップ    牡2 ヤマボウ500 1:25.0 -0.6 --- ±0 -0.6 C C
11R D2000 クリノスターオー    牡4 シリウスHG3 2:03.8 ±0 -0.7 +0.2 -0.9 C C

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 スティーグリッツ コメントなし
馬券Summary
ヌーヴォレコルト&ワンアンドオンリー
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準