ヒメカノ ダウンロード販売

2014年2回新潟9日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5。直線1000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速めの時計が出るレベルだったが、3日目以降は雨や風の影響で馬場差が安定しなかった。そして先週は、開幕週以来となる土日ともに同じ数値でマイナスゾーンだった。直線1000mについても、土日ともにマイナスの数値だったのは開幕週以来となる。
 土曜の朝早く小雨が降っていた。芝に関しては影響がなく、先週の馬場差は土日とも1週前の土曜日、つまり7日目と同じだった。開幕週の馬場差がマイナス0秒7だったので、雨の影響さえなければ、開幕週からほとんど変わっていないという事になる。この後3回新潟を含めて、さらに5週にわたってAコースが使用されるが、急激に時計が掛かるようにはならないと推測する。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒4だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておく。1800mについては、前半の3週は2日目を除けばマイナスの数値だったが、7日目以降は全てプラスになっている。一方1200mはここまで全てマイナスゾーンで、総じて速めの時計が出るコンディション。
 土曜の早朝に小雨が降っていて、朝一番の馬場発表は稍重だったが、朝6時半に良馬場へと変更になった。その後は雨は降らなかった。で、1800m・1200mともに土曜の方が速い時計が出る状態だったのは、この土曜早朝の雨の影響だが、どちらにしても1200mも1800mも土日の差は小さい。毎度の事だが、新潟ダートらしく前残りの傾向で、土曜9Rのマルケサスとか、土曜11Rのヴォーグトルネードといった人気の追い込み馬が届かなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/08/30 (土)  芝=-0.5 / 直線=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 アポロノシンザン    牡2 未勝利 1:35.2 -0.1 -0.6 -0.3 -0.4 C C
5R T1200 キャピシーヌ    牡2 新馬 1:10.8 +0.5 --- +0.8 -0.3 E D
6R T2000 コスモメリー    牝3 未勝利 2:01.2 -0.3 --- +0.2 -0.5 C C
10R T1000 フギン    牝4 稲妻S1600 0:54.4 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D
12R T1600 カフェブリリアント    牝4 500万下 1:35.1 +1.2 -1.0 +0.6 -0.4 D C

2014/08/30 (土)  ダ=+0.1 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1200 ゼンノヒストリエ    牡3 未勝利 1:11.9 -0.7 --- -0.2 -0.5 C D
3R D1800 ドラゴンズタイム    牡3 未勝利 1:54.6 +0.8 --- +0.7 +0.1 D D
7R D1800 アルファアリエス    牡3 500万下 1:52.3 -0.5 --- -0.6 +0.1 B C
9R D1800 キャニオンバレー    牝4 麒麟山特1000 1:52.2 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C
11R D1800 インカンテーション    牡4 BSN賞H 1:50.6 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C

         

7R500万下 番組注目馬
2着 ビッグバンドジャズ コメントなし
馬券Summary
経験がない=可能性がある
後ほど
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準