ヒメカノ ダウンロード販売

2014年2回新潟4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がマイナス0秒4。直線1000m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は土日ともにマイナス0秒7で、速めの時計が出るレベルだった。先週土曜はプラスの数値、日曜はマイナスの数値になったが、開幕週のレベルまでは戻らなかった。
 木曜と金曜に雨が降っていて、土曜は稍重で馬場差はプラス0秒3。1週目と比べて2000m換算で約1秒掛かっていた。以前の新潟の芝というのは、少々の雨でも時計が掛かるようにはならないという事で定評があったが、馬場を柔らかくするエアリングとシャタリング作業を行うようになった昨年の夏からは、雨が降れば普通に時計が掛かるようになっている。日曜の午前中にも雨が降ったが、土曜と比べると回復して8R以降は良馬場となった。ただ、6Rまでは良に近い稍重で、8R以降は稍重に近い良という感じで、馬場差は変動ではなかった。直線1000mの馬場差の推移も同じで、先週は土曜より日曜の方が速い時計の出る馬場。しかし、日曜でも1週目よりは少し時計が掛かっていた。土曜の12Rのような歴史に残るレベルの超スローだったら、外回りでも前残りになっていたが、内周りでもかなり差しが届いていた。少し流れが遅くても、差し馬が届く馬場だと言える。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒6へと変動、日曜はマイナス1秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からマイナス0秒5へと変動、日曜がマイナス1秒0だった。まずここまで4日間の馬場差を振り返っておく。1800mについては、2日目を除く他の日はマイナスゾーン。1200mはここまで全てマイナスの数値。1800m・1200mとも先週土曜前半と日曜がここまででは速い時計の出るレベルだった。
 木曜から金曜にかけての雨によって土曜は重馬場だった。徐々に乾いて行って馬場差は変動。1800mは2Rがマイナス1秒0、8Rがマイナス0秒6。1200mは3Rがマイナス1秒0で11Rはマイナス0秒5。土曜は1日を通して重馬場だが、変動。一方日曜日は重でスタートして、10R以降は稍重だが、こちらは馬場差は変動ではなく、なおかつ1800mについては土曜より速い時計が出ていた。1200mについては、土曜3Rと日曜が同じ馬場差で、土曜の11Rだけは掛かっていたという事になる。
 土曜は勝ち馬4頭の内、3頭が3コーナー2番手以内、2着は4頭中3頭は3コーナー3番手以内。日曜は勝ち馬5頭全てが3コーナー4番手以内。2着は5頭全てが3コーナー3番手以内と、元々先行有利の新潟とは言え、先行馬の好走が目立った。ただし、原因は馬場ではなくてペースだと思う。要するにスローが多かった。特に日曜の1800mは3レース全てペース補正が入っている。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/08/10 (日)  芝=-0.4 / 直線=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ギンパリ    牡2 未勝利 1:49.8 +1.7 -1.0 +1.1 -0.4 E C
2R T1000 リターンストローク    牡2 未勝利 0:56.1 -0.1 --- ±0 -0.1 C D
4R T1200 サクラヴィオーラ    牝3 未勝利 1:09.8 +0.2 --- +0.4 -0.2 D C
5R T1600 ミュゼスルタン    牡2 新馬 1:37.0 +1.4 -1.2 +0.5 -0.3 D B
6R T2000 ディールフロー    牡3 未勝利 2:00.7 -0.8 --- -0.4 -0.4 B C
8R T2200 ラストシャングリラ    牡3 500万下 2:13.0 -0.4 --- ±0 -0.4 C D
9R T1600 ファーゴ    牝5 村上特別500 1:34.4 +0.5 -0.9 -0.1 -0.3 C D

2014/08/10 (日)  ダ=-1.2 1200m=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1800 インストレーション    牡3 未勝利 1:53.8 ±0 -0.9 +0.3 -1.2 C D
7R D1800 ダイワバロニス    牝3 500万下・牝 1:53.9 +1.1 -0.7 +1.6 -1.2 E D
10R D1200 エーシングリズリー    牡5 苗場特H1000 1:10.5 -0.8 --- +0.2 -1.0 C C
11R D1800 アジアエクスプレス    牡3 レパードG3 1:50.4 -1.1 -0.7 -0.6 -1.2 B C
12R D1200 ヒカリマサムネ    牡4 500万下 1:10.8 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D

         

1R未勝利 解説者次走危険馬
3着 マイネルクレイモア 大川浩史 次走危険馬
 今回のレースに関してはスローペースで先行して、スローのSとはならないぐらいの、レース上がり35秒1というラップだったにも関わらず、粘りきれず3着だった。この時点で次走はどうか?となるが、さらに新馬戦はスローの先行で流れ込んだだけの2着。2戦目はタイムランクEでペースが落ちたところでポジションを上げて、また流れ込んでの2着。つまり自在性はあるが、有利な展開になりながら遅いタイムのレースで勝ち切れていない。まだ2歳の8月なので、これから変わってくる可能性はあるとは重々承知で、2着・2着・3着という成績ほどの信頼感はありませんよという意味で危険馬とする。
6R未勝利 番組注目馬
2着 ファイネストアワー 外回りだとちょっと危ないような気もするが、この先の新潟の番組を見ている限り、次走も内周りの2000mか2200mに出てくるだろうとそういう想定で挙げた。
馬券Summary
サトノアラジン
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準