2014年1回札幌6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス1秒1だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で2日間ともに変動だったが、2週目が高速馬場。そして先週は2週目と比較すると水準に近づいた。
 先週は火曜日から金曜日まで断続的に雨が降って、土曜は稍重でスタートした。5R以降は良馬場に回復したが、馬場差は変動ではなく、完全な良馬場だった2週目よりは時計の掛かる馬場となった。日曜はさらに回復したが、それでもまだ2週目よりは時計の掛かる状態だった。っと言っても土日とも馬場差はマイナス1秒前後ですから、まだ力の要る馬場とはなっていない。まだ外からの差しは難しい。土曜の9R、全体に時計が掛かって差し馬が届いているが、2着馬は通過順はかなり後ろになっているが、4コーナーでほとんど前と差がなくなっていた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒6からマイナス1秒0へと変動、日曜がマイナス0秒4だった。こちらもまずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、週によって時計の出方が異なる。また、1週目と3週目は土日でも時計の出方が違い、変動が多くなっている。特に2日目は変速的ですので、注意。
 金曜までの雨の影響で土曜は稍重だが、徐々に乾いて行ったので、馬場差は変動となった。具体的には2Rから4Rまではマイナス1秒6。7Rと8Rはマイナス1秒3で、12Rはマイナス1秒0。上下0秒6の差はあるが、1日を通して走りやすい馬場だったという認識で良いと思う。日曜は良馬場だったが、馬場差はマイナス0秒4だった。完全な良馬場だった2週目よりは速い時計が出るコンディションだった。日曜は差しが決まっているように見えるが、差し決着と言えるのは、日曜の3Rだけ。先行馬あるいは道中は後方でも4コーナーで前に取り付いていないと厳しかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/08/10 (日)  芝=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 バイガエシ    牡2 未勝利 1:50.1 -0.7 -0.4 -0.1 -1.0 C C
4R T1200 サザンライツ    牡3 未勝利 1:10.3 ±0 -0.1 +0.6 -0.7 D C
5R T1500 カービングパス    牝2 新馬・牝 1:31.8 +0.5 -0.7 +0.6 -0.8 D C
7R T1500 ピクシーホロウ    牝4 500万下 1:28.5 -1.1 --- -0.3 -0.8 B C
9R T2000 ヨッヘイ    牡3 500万下 2:01.2 -0.9 --- +0.2 -1.1 C C
10R T1800 リメインサイレント    牝4 大倉山特1000 1:48.7 +0.2 -0.6 +0.6 -1.0 D C
11R T2600 バンデ    牡4 札幌日経 2:40.9 +0.5 -0.8 +1.1 -1.4 SL D

2014/08/10 (日)  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 マダムアグライア    牝3 未勝利 1:00.0 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D
3R D1700 テイエムコンドル    牡3 未勝利 1:46.3 -0.7 --- -0.3 -0.4 C C
6R D1700 スマートボムシェル    牡2 新馬 1:48.4 ±0 --- +0.4 -0.4 D C
8R D2400 カリスマサンタイム    牡4 500万下 2:36.1 +1.4 --- +2.0 -0.6 E D
12R D1700 ランドマーキュリー    牡4 大通特別1000 1:45.1 ±0 -0.4 ±0 -0.4 C C

         

馬券Summary
サトノアラジン
後ほど
HERO30%OFF
↑HERO30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準