2014年1回札幌4日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒6だった。まずはここまで4日間の芝の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で土日ともに後のレースの方が時計が掛かっていたが、先週は土日を通して、マイナス1秒6の馬場差で変わりなかった。
 雨が降ったり止んだりで馬場差が乱高下していた1週目と違って、先週は土日とも晴れかつ良馬場。馬場差も土日ともマイナス1秒6だった。前回の放送で乾いた良馬場なら速い時計の出るレベルだろうとした、推測通りだった。土曜ははじめの3つのレース、5R・6R・8Rが逃げ切りで、こういう完全な良馬場なら前有利かた思わせたが、ハイペースになった土曜の10R・11RそしてクイーンSでは差し馬が上位に届いていた。要するに展開次第だったという事。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で土日ともに変動。特に2日目は乾きかけたところで終盤に再び強い雨が降ったために、特殊な変動となっている。一方先週は水準に近い数値で土日とも変わりなく安定していた。
 雨が降ったり止んだりで馬場差が乱高下していた1週目とは違って、先週は土日とも晴れで良馬場。馬場差も土日ともプラス0秒1だった。良馬場なら水準前後の馬場差になる可能性が高いと考えられるとしていた、前回の放送での推測通りだった。小回りコースのダートなので、当然の事とは言え、4コーナーで前につけている馬の好走が多かった。1着・2着が両方差し・追い込みというレースはなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/08/03 (日)  芝=-1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ペイシャオブロー    牡2 未勝利 1:52.1 +1.3 -0.8 +1.9 -1.4 SL D
4R T1500 ビリーヴザワン    牡3 未勝利 1:29.4 -0.9 --- +0.3 -1.2 D D
5R T1800 アドマイヤガスト    牡2 新馬 1:51.2 +0.1 -0.7 +0.8 -1.4 D C
8R T2000 インナーアージ    牝4 500万下・牝 2:00.4 -1.7 --- -0.1 -1.6 C C
9R T1200 アリュージョン    牝3 小樽特別500 1:08.3 -1.5 --- -0.5 -1.0 B C
11R T1800 キャトルフィーユ    牝5 クイーンG3 1:45.7 -1.4 --- ±0 -1.4 C D
12R T1200 コンサートレディ    牝5 HBC賞1000 1:08.6 -0.8 --- +0.2 -1.0 C C

2014/08/03 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 オーガンディー    牝3 未勝利・牝 0:59.9 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C
3R D1700 イクラトロ    牡3 未勝利 1:47.8 +0.8 --- +0.7 +0.1 D D
6R D1000 ピュアアイズ    牝4 500万下 0:58.7 -0.4 --- -0.5 +0.1 B C
7R D1700 カーティスバローズ    牡4 500万下 1:45.8 -0.1 --- -0.2 +0.1 C C
10R D1700 コスモシャンハイ    牡5 羊蹄山特1000 1:45.9 +0.8 --- +0.7 +0.1 D D

         

7R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 カーティスバローズ コメントなし
馬券Summary
2階級降級は有利なのか?
後ほど
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準