アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2014年3回阪神6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がプラス0秒7だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、5日目まではマイナス1秒3かマイナス1秒2で速い時計の出るコンディションだったが、6日目は一転して時計が掛かった。
 土曜日はBコースに替わって高速馬場が続いていたが、土曜夜からの雨で日曜日は時計が掛かった。その日曜日だが、雨の影響で時計が掛かったという点は東京の芝と同じだが、土日の開きで言うと阪神の方が大きかった。次に連対馬だが、コース替わり最初の日だった土曜日は逃げ・先行馬が1頭しか連対していなかったのに比べて、日曜日は6鞍中4鞍で逃げ・先行馬が連対した。特に7Rからの3鞍連続しての逃げ切りというはインパクトが強かった。8Rはスローペースだったが、7Rや9Rを見ていると、必ずしも恵まれたという訳ではないと思う。馬場コンディションが先週日曜日と今週で異なる可能性はもちろんあるが、例えば宝塚記念の検討をする際にも、ひとまず前へ行く馬は注意しておきたいと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス1秒1だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1週目・2週目そして5日目までは徐々に水準レベルに近づいていたが、日曜は雨の影響でこの開催で最も脚抜きの良いコンディションになった。
 土曜については先々週とほぼ同等の馬場差だった。日曜日は雨の影響で脚抜きが良くなって、馬場差はこの開催で初めてマイナス1秒を超えた。2R終了後に雨が止んで10Rからは稍重から良に変更されたが、馬場差は変動ではなく、1つの数値とした。そして連対馬、先々週までと比べると、先行組の占有率が上がっているが、これは未勝利戦でのものが多く、特に先行有利という感じはしない。今週も力のある差し馬の評価を落とす必要はないと思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/06/22 (日)  芝=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2400 コスモミレディー    牝3 未勝利 2:32.8 +4.4 -0.8 +2.8 +0.8 SL C
5R T1600 グランカマラード    牡2 新馬 1:37.4 +0.8 --- +0.2 +0.6 C C
7R T1200 フギン    牝4 500万下 1:09.5 +0.2 --- -0.2 +0.4 C C
8R T2000 ルファルシオン    牡3 500万下 2:04.1 +3.2 -0.6 +1.9 +0.7 SL D
9R T1600 マルタカシクレノン    牡6 小豆島特1000 1:34.8 +0.8 --- +0.2 +0.6 C C
11R T1600 サンライズメジャー    牡5 米子S 1:34.8 +2.0 --- +1.4 +0.6 E D

2014/06/22 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ケルンウィナー    牡3 未勝利 1:53.7 -0.6 --- +0.5 -1.1 D D
2R D1200 エイシンラナウェー    牡3 未勝利 1:12.1 -1.0 --- -0.3 -0.7 B C
3R D1800 インテグラード    牡3 未勝利 1:54.4 +0.1 --- +1.2 -1.1 E D
6R D1400 アメリ    牝4 500万下・牝 1:23.6 -1.3 --- -0.4 -0.9 B B
10R D1800 クリノヒマラヤオー    牡4 灘SH1600 1:50.3 -1.2 --- -0.1 -1.1 C C
12R D1400 タガノトネール    セ4 500万下 1:24.2 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C

         

6R500万下・牝 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 アメリ コメントなし
馬券Summary
減量騎手▲3kg減を狙え!
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準