2014年3回京都5日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス2秒0だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目と3週目がマイナス2秒台、2週目にしてもマイナス1秒9ですから、かなり速い時計の出るコンディション。
 ほんの少しだが、馬場差が2週目よりもマイナス方向に動いた。野芝が動いて、クッションが良くなっているという事なので、その分かなという印象だが、馬場差に多少の違いはあっても、ずっと高速馬場ですよという認識で問題ないと思う。先週までCコースで、今週からDコースだが、この馬場なら仮柵設置によってさらに高速化するとは思えない。ただし、コーナーがゆるくなる事で、少し速い時計が出るようになる可能性はあるというのは東京芝と同じ。
 超高速馬場だが、前残りが頻発しているかと言うと、そんな事はなくて、スローペースでなければむしろ差し馬の好走の方が多い。先週、ディープインパクト産駒が4勝2着2回だった。内回りの1200mややはり内回りの2000mでも勝っていて、馬場そのものがかなり合っているものだと思われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにプラス0秒4だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、プラス0秒4かプラス0秒5の馬場差でやや時計の掛かるレベルが続いている。
 この開催はずーっと水準より時計の掛かる馬場だが、馬場差が安定していて時計比較はしやすい開催となっている。京都のダートにしては差し馬が好走しているのもこの開催で続いている事だが、あくまでも京都のダートにしてはという事で、差し馬が優勢という程ではない。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/05/10 (土)  芝=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1200 キングナポレオン    牡3 未勝利 1:09.1 -0.7 --- +0.5 -1.2 D E
5R T2000 アグネスヴェルテュ    牡3 未勝利 2:00.8 -1.0 -0.3 +0.7 -2.0 D D
7R T1600 ラディウス    牡3 500万下 1:33.5 -1.0 --- +0.6 -1.6 D D
9R T1600 ハナノシンノスケ    牡7 六波羅H1000 1:31.9 -2.0 --- -0.4 -1.6 B C
10R T2000 テイエムダイパワー    牡4 鴨川特別1000 1:58.2 -1.6 -0.5 -0.1 -2.0 C C
11R T2200 ハギノハイブリッド    牡3 京都新聞G2 2:11.0 -2.1 --- +0.1 -2.2 C C

2014/05/10 (土)  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 ララエクレリゼ    牝3 未勝利・牝 1:55.2 +1.3 --- +0.9 +0.4 E D
2R D1200 エンジェヌー    牝3 未勝利 1:13.4 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D
3R D1400 メイショウホウトウ    牡3 未勝利 1:25.7 +0.2 --- -0.1 +0.3 C D
6R D1800 カゼノコ    牡3 500万下 1:52.7 -0.3 --- -0.7 +0.4 B C
8R D1400 サトノデプロマット    牡4 500万下 1:23.8 -0.7 --- -1.0 +0.3 A C
12R D1400 オメガセニョリーナ    牝5 1000万下・牝 1:24.5 +0.7 --- +0.4 +0.3 D C

         

8R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 サトノデプロマット コメントなし
馬券Summary
直線1000mはダート実績に注目
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準