2014年2回阪神7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2日目と4日目は雨の影響でかなり時計が掛かっていたが、後半2週は全てマイナス0秒9の数値と速い時計の出るレベルで安定していた。
 先週については木曜夜に雨が降って、乾ききった馬場という訳ではなかったと思うが、それでも速い時計の出るコンディションだった。内を回った馬も外を回った馬も上位に来ていますし、脚質面でも偏った傾向はなかった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からプラスマイナスゼロへと変動、日曜がプラスマイナスゼロだった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、開催2日目は時計の出やすいコンディションだった。その後4日目以降は水準かそれに近いレベルで、大きな動きはなかった。
 土曜日の途中までは脚抜きが良いと言える程ではないので、雨の影響が残っていたかどうかはちょっと微妙なところ。後半になると風が強くなって来たので、変動の要因はこちらかもしれない。馬場差は8Rまでがマイナス0秒3で、11Rと12Rがプラスマイナスゼロとした。日曜は終日プラスマイナスゼロで、土曜前半と比較してもそれほど開きはなかった。連続開催8週の内、後半2週は安定したと言えると思うが、前半6週については、土日で同じだった週はなくて、数値にもかなり開きがあるので、振り返って復習する事をおすすめする。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/04/19 (土)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T2000 アドマイヤシーマ    牝3 未勝利・牝 2:02.7 +0.5 -0.9 +0.5 -0.9 D D
5R T1400 タガノレベッカ    牝3 未勝利 1:22.5 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D
7R T1600 ケルンフォーティー    牡5 500万下 1:33.4 -1.2 --- -0.5 -0.7 B C
9R T2000 サウンズオブアース    牡3 はなみず500 2:03.0 +1.7 -1.0 +1.6 -0.9 SL D
10R T1800 ビービートレイター    牡4 蓬莱峡特1000 1:45.6 -1.0 --- -0.2 -0.8 C C

2014/04/19 (土)  ダ=-0.3 → ±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 メイショウアズミノ    牝3 未勝利・牝 1:13.0 -0.3 --- -0.1 -0.2 C D
2R D1800 ヴィッセン    牡3 未勝利 1:55.1 +0.5 -0.4 +0.4 -0.3 D D
3R D1400 ロードヴォルケーノ    牡3 未勝利 1:25.5 -0.6 --- -0.4 -0.2 B C
6R D1800 アムールブリエ    牝3 500万下 1:53.2 -0.5 --- -0.2 -0.3 C D
8R D1800 プラチナグロース    セ4 500万下 1:54.3 +1.2 -0.7 +0.8 -0.3 D C
11R D1800 ナムラビクター    牡5 アンタレG3 1:51.5 +0.8 --- +0.8 ±0 D C
12R D1400 バハドゥール    牡5 1000万下 1:24.3 +0.1 --- +0.1 ±0 C D

         

3R未勝利 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ロードヴォルケーノ コメントなし
馬券Summary
2回中京第1日?第5日の芝で先行した馬の次走再び
後ほど
Hunter30%OFF
↑Hunter30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準