2014年2回阪神5日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、水準に近いレベルかあるいは時計の掛かるコンディションだったが、先週は速い時計の出るレベルになった。中山芝ほどではないにしても、速い時計が出やすくなったと言えると思う。こちらも乾いた馬場なら時計が出やすくなるというのは予想はしていたが、それにしても阪神も連続開催の7週目ですから、それを考えると一変したという風に言って良いだろう。なお、阪神も中間に芝刈りを実施している。
 位置取りもコース取りも偏った傾向はなかった。前めにつけて内を通った2頭で決着するレースもあれば、外を回った差し馬で決まるレースもある。いずれにしても最終週の今週も乾いた馬場なら先週と同じレベルか少し掛かる程度じゃないだろうか。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにマイナス0秒2だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、先々週までは時計の出方が安定せず、同じ週でも土日で馬場差に隔たりがあったが、先週は今年になって阪神のダートで初めて同じ数値だった。
 中山同様中間全く雨が降っておらず、連続開催を通じて初めて土日ともに完全な良で行われた。ただ、こちらも馬場差はマイナスの数値だった点はチェックポイント。前開催では稍重でもマイナスの数値ではなかった日もあって、後のタイム比較においては、この番組の馬場差を有効活用していただければなと。連対馬の位置取りを見ると土曜7Rや日曜4Rのように、後方に居た馬同士の決着を含めて、差し馬の占有率がかなりアップしていたと言えると思う。津田さんが、前に「乾いた馬場なら差し馬」と言っていたが、その置き土産が実った結果と言えるかもしれない。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/04/12 (土)  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1800 フロリダパンサー    牡3 未勝利 1:47.8 -0.6 -0.7 -0.5 -0.8 B D
6R T1600 ワードイズボンド    牡3 500万下 1:33.9 -1.0 --- -0.3 -0.7 C C
9R T2400 シャイニーハーツ    牡4 白鷺特H1000 2:27.1 +0.7 -1.1 +0.7 -1.1 D C
10R T1200 ルナフォンターナ    牝5 淀屋橋S1600 1:08.3 -0.2 --- +0.3 -0.5 D C
11R T1400 スマートレイアー    牝4 阪神牝馬G2 1:20.3 -0.2 --- +0.4 -0.6 D C

2014/04/12 (土)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 メイショウブーケ    牝3 未勝利・牝 1:54.6 ±0 --- +0.2 -0.2 C D
2R D1400 ガートルード    牝3 未勝利 1:25.9 -0.2 --- ±0 -0.2 C C
3R D1800 アダムズアップル    牡3 未勝利 1:54.4 -0.2 --- ±0 -0.2 C D
5R D1200 クーゲル    牡3 500万下 1:12.5 -0.1 --- ±0 -0.1 C C
7R D1800 デコレイト    牝5 500万下・牝 1:53.2 +0.1 --- +0.3 -0.2 C D
8R D1400 メイショウマルマル    牡4 500万下 1:25.5 +0.6 --- +0.8 -0.2 E C
12R D1800 タガノラルフ    牡4 1000万下 1:52.3 ±0 --- +0.2 -0.2 C D

         

馬券Summary
先行馬壊滅 中京芝のその後
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準