ヒメカノ ダウンロード販売

2014年1回阪神7日目

馬場コメント
 阪神は通常と同じく、土曜・日曜の開催だった。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒1だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、開催初日だけがマイナスゾーンで、2日目以降は水準レベルか少し掛かるレベルで推移している。
 中山の芝のように大きく時計を要する事はなくて、さらに開催が進むにつれて時計が掛かってきたという訳ではない。
 土日の比較で言えば、土曜の方が雨の影響が残って、日曜は乾いて水準レベルだった。ただ、大きな開きではない。脚質的には先々週より差しが届いていた印象がある。ただ、先行するにしろ差すにしろ、内めを通った馬が断然有利で今週Aコース使用が最後となるが、突然内有利から外有利に変化するとは考えにくい。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒7だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2日目のマイナス0秒9から8日目のプラス0秒7まで時計の出方に幅ががある。
 1週目のように速めの時計が出る週もあったが、水を含んだ馬場でも時計が掛かっている日もあった。雨の影響を受けたからと言って、必ずしも脚抜きが良くなった訳ではなくて、さらに同一週の比較でもどの週も0秒3以上の開きがあった。時計の出方が読みづらい開催だった。
 先週の中の比較では、土曜の方が雨の影響が残って、日曜は乾いて時計が掛かっていた。ただ、繰り返しになるが、土曜にしても馬場差はプラス0秒2ですから、時計の出やすいレベルではなかった。なお、日曜は午前が稍重、午後が良馬場だったが、馬場差は1日を通した数値。脚質的には先行有利だが、先々週よりは差しも届いていた。この点については、後ほど詳しく触れたいと思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/03/22 (土)  芝=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ブロンクスステップ    牝3 未勝利 1:35.9 +0.3 --- +0.1 +0.2 C C
7R T1800 ハッピーモーメント    牡4 500万下 1:47.4 +0.1 --- -0.2 +0.3 C D
9R T1800 テンペル    牡6 須磨特H1000 1:49.2 +2.6 -0.9 +1.4 +0.3 SL D
11R T2000 アドマイヤデウス    牡3 若葉S 2:01.4 +0.9 --- +0.6 +0.3 D D

2014/03/22 (土)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 オーシャンブルグ    牝3 未勝利・牝 1:56.2 +1.6 --- +1.4 +0.2 E D
2R D1200 ウインゴスペル    牡3 未勝利 1:12.9 -0.4 --- -0.5 +0.1 B D
3R D1800 クァンタムギア    牡3 未勝利 1:56.1 +1.5 --- +1.3 +0.2 E D
4R D1400 ブレイクアウト    牡3 未勝利 1:25.8 -0.3 --- -0.5 +0.2 B D
6R D1800 ナンヨーマーク    牡3 500万下 1:54.4 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D
8R D1800 オツウ    牝4 500万下・牝 1:54.7 +1.6 --- +1.4 +0.2 E D
10R D1200 ダノンレジェンド    牡4 なにわS1600 1:11.3 +0.2 --- +0.1 +0.1 C D
12R D1400 オソレイユ    牡5 500万下 1:25.2 +0.3 --- +0.1 +0.2 C D

         

9R須磨特H1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 テンペル コメントなし
馬券Summary
阪神ダート
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準