ヒメカノ ダウンロード販売

2014年2回中山5日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒0、日曜がプラス0秒8だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、2日目は雨が降り続いて設定不能。他の日にしても、全てプラスの数値で時計の掛かるコンディションが続いている。
 土日とも良馬場発表だったが、ダートは土曜日は重馬場だったように、芝にしても雨の影響が残っていた。加えて、この開催の中山芝はそもそも時計の掛かるコンディションですから、先週も時計が掛かっていた。脚質・コース取りについてだが、まず土曜日は外を回った差し馬がダメという訳ではないが、内ラチ沿いを通った馬が踏ん張るケースが目についた。そして日曜は内を突くか、それか外をぶん回すか、どちらかが良かった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がプラス0秒1。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がプラス0秒1だった。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1800mは前半2週雨の影響があったものの、時計が掛かっていたが、先週土曜は速い時計の出るレベルだった。1200m対象の数値も先週土曜は速い時計の出るコンディションだった。ただ、日曜は1800m・1200mとも水準レベルだった。
 土曜は重発表で脚抜きの良いコンディションだったが、少し乾いて稍重になった日曜は水準レベルになった。ただ、注意したいのは日曜の1800m。同じ稍重だった2日目・3日目は時計が掛かっていたが、この日は水準レベルだった。今後時計比較の際に注意が必要。あと、連対馬の脚質については、緑色で表示されている中団からの差しが良く決まっていた。距離やクラスを問わず、これだけ連対しているという事は先週は差しが効きやすい馬場だったと考えられる。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/03/15 (土)  芝=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 ラリングクライ    牡3 未勝利 1:51.7 +2.0 --- +1.1 +0.9 E C
7R T1600 イダス    牡3 500万下 1:36.4 +1.1 --- +0.3 +0.8 C D
9R T2000 シャドウパーティー    牡5 館山特別1000 2:04.3 +3.4 -0.8 +1.6 +1.0 SL C
10R T2500 マイネルメダリスト    牡6 サンシH1600 2:34.1 +0.4 --- -0.9 +1.3 B C
11R T1600 ペイシャフェリス    牝3 アネモネ 1:36.0 +1.4 --- +0.6 +0.8 D D

2014/03/15 (土)  ダ=-0.9 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 グラスティファニー    牝3 未勝利・牝 1:56.1 +0.4 --- +1.3 -0.9 E C
2R D1200 グラスルノン    牝3 未勝利 1:13.3 +0.4 --- +1.2 -0.8 E D
3R D1800 リッカルド    牡3 未勝利 1:55.1 -0.6 -0.6 -0.3 -0.9 C E
4R D1200 ハリケーンリリー    牡3 未勝利 1:11.8 -1.1 --- -0.3 -0.8 B C
6R D1200 ダウトレス    牡3 500万下 1:11.5 -0.7 --- +0.1 -0.8 C D
8R D1800 コスモマイギフト    牡5 500万下 1:53.3 -0.7 --- +0.2 -0.9 C D
12R D1200 カレイファンタジア    牡4 500万下 1:12.2 +0.3 --- +1.1 -0.8 E D

         

馬券Summary
新人騎手、活躍
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準