2014年2回中山3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜が0秒4だった。まずここまで4日間の馬場差を振り返っておく。1週目は雨の影響を大きく受け、特に2日目は設定不能としたほどだった。先週もプラスの数値で速い時計の出るレベルではなかったが、1週目と比べると水準に近づいた。
 土曜の方が週半ばの雨の影響が残っていた。日曜は少し乾いて、水準レベルに近づいた。ただ、土日とも良という馬場発表から受ける印象よりかは時計は掛かっている。脚質的には土曜日は先行馬同士の決着が多くて、日曜は先行馬と差し馬という決着が多かった。馬場は見た目には悪くないように映るが、ジョッキーの話とかを聞くと、夏のめちゃくちゃ悪かった函館とちょっと似ているという声も聞かれる。いずれにしろ、外を回った馬が差し届く馬場とは言えず、どちらかと言うと内を通った馬の方が活躍している点は要注意。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒9、日曜がプラス1秒3。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておく。1800mは時計が掛かり、雨の影響を受けても脚抜きの良いコンディションにはなっていない。1200mは雨が降り続いた2日目はマイナスの数値で、後半時計が出やすくなったが、他の3日はプラスの数値。
 1800mは確かに時計が掛かっているが、土日の比較では馬場が乾いた日曜の方がさらに時計が掛かっていた。脚質的には結構わかりやすくて、新馬・未勝利戦だと前に行った馬が残るケースが多くて、古馬の条件戦になると差し馬も台頭していた。この点はよく覚えておいて、今週の馬券作戦に活かしたい。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/03/08 (土)  芝=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
6R T2000 ストーミング    牡3 未勝利 2:03.7 +0.8 -0.6 -0.5 +0.7 B C
9R T1600 パワースラッガー    牡3 黄梅賞500 1:37.4 +2.1 -0.5 +1.0 +0.6 SL C
10R T1800 トーセンジャガー    牡6 スピカS1600 1:50.1 +2.9 -0.8 +1.5 +0.6 SL C
11R T1200 スマートオリオン    牡4 オーシャG3 1:08.9 +0.9 --- +0.5 +0.4 D C

2014/03/08 (土)  ダ=+0.9 1200m=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 レッドキャンティー    牝3 未勝利・牝 1:13.6 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D
2R D1800 オベリスク    牡3 未勝利 1:56.0 +0.3 --- -0.6 +0.9 B D
3R D1200 スイフトフォンテン    牡3 未勝利 1:13.0 +0.1 --- -0.1 +0.2 C C
5R D1800 チャオ    牡3 新馬 1:59.3 +3.2 --- +2.3 +0.9 E C
7R D1200 シャラク    牡3 500万下 1:12.6 +0.4 --- +0.2 +0.2 C C
8R D1800 ヤンキーソヴリン    セ4 500万下 1:55.9 +1.9 --- +1.0 +0.9 E D
12R D1800 ミッキーナチュラル    牡5 1000万下 1:54.7 +1.5 --- +0.6 +0.9 D D

         

馬券Summary
ベテラン健在
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準