2014年1回小倉6日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。まずはここまで6日間の芝の馬場差を振り返っておくと、前半2週は雨や雪の影響を受けて、マイナスの数値の日がなく特に3日目はプラス1秒台だった。しかし、先週は一転してマイナスゾーンに入った。
 前半2週と比べて乾いたコンディションで行われた事と、さらに先週からBコースに替わった事もあって、3週目にしてこの開催では最も時計が出やすいレベルになった。そもそも生えそろった芝を見れば、前回も言ったが天候が良ければ前半2週より時計が出るという事は予想ができた。今週も先週のような天候なら大きく時計を要する事はないと思う。あと脚質、インコースで先行した馬、内を突いて差して来た馬の活躍が目についた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒5だった。こちらもまずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションだったが、先週はプラスの数値だった。
 馬場発表自体前半2週は良馬場の日がなかったのに対して、先週は土日ともに良馬場で、乾いたコンディションになった。やや時計の掛かるレベル。前半2週との比較では、コンディションは一変した。Eランクで完全タイム差がプラス2秒4という日曜1Rは論外としても、後方からがダメという訳ではないが、やはり先行・好位組が有利だった。先々週もそうだったが、後方から上位に来ていたのは、向正面ぐらいから早めに動けるタイプが多かった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/02/23 (日)  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R T1200 ヤマノハヤブサ    牡3 未勝利 1:08.7 -0.6 --- -0.2 -0.4 C C
4R T1800 コスモレヴァータ    牡3 未勝利 1:48.7 +0.4 --- +0.9 -0.5 E D
5R T2000 マハロチケット    牡3 新馬 2:06.8 +5.2 -1.5 +4.3 -0.6 SL D
7R T2600 チェイスザゴールド    牡4 500万下 2:39.4 -0.4 -0.4 ±0 -0.8 C D
8R T1200 カハラビスティー    牝5 500万下・牝 1:07.9 -0.6 --- -0.2 -0.4 C D
10R T2000 シュピッツェ    牝5 小倉城特500 1:59.5 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C
11R T1800 ラストインパクト    牡4 小倉大賞HG3 1:45.3 +0.3 --- +0.8 -0.5 D D
12R T1200 ニコールバローズ    牝5 紫川特別1000 1:07.8 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D

2014/02/23 (日)  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1700 フジインザスカイ    牝3 未勝利・牝 1:49.9 +2.9 --- +2.4 +0.5 E D
2R D1000 クリスワールド    牡6 500万下 0:58.6 +0.1 --- -0.2 +0.3 C D
6R D1700 メイショウソラーレ    牡4 500万下 1:46.4 +1.0 --- +0.5 +0.5 D D
9R D1700 サンライズベーダー    セ4 500万下 1:47.2 +1.8 --- +1.3 +0.5 E D

         

馬券Summary
ジョッキー・田辺論
後ほど
HERO30%OFF
↑HERO30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準