2014年2回京都5日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒8、日曜がプラス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催最終週は水準レベル。この開催に入ってBコースに変わり、いくらか時計が出やすくなったが、その後の2週は雪や雨の影響で時計が掛かった。
 先週土曜は今年の京都芝で最も時計の掛かるコンディションになった。日曜は土曜と比べれば乾いて、1秒近く水準方向に戻しているが、それでもプラス0秒9と時計が掛かった。その日曜日、馬場発表は途中で変更されたが、馬場差は1日を通した数値になっている。連対馬の脚質面で強調すべき偏りはないが、コース取りでは内ラチ沿いかあるいは外を回るか、対照的な戦法の馬が上位に来ていた。これはコースロス無くインを立ち回るか、コンディションの良い外を回すかどちらかが良かったんだと考えられる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス0秒9だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催最終日以外は全てマイナスの数値。特にこの開催3日目以降は雪や雨の影響でほとんど時計の出やすいレベルになっている。
 土曜日はマイナス1秒4の馬場差で、脚抜きの良いコンディションだった。日曜日は土曜と比較すれば乾いて、不良馬場から途中で重馬場に変更されたが、馬場差は1日を通した数値になっている。とにかく最終週の今週、もし馬場が乾くようなら水準に近づいて行くと思う。土曜は雪解けの上に雨の影響もあって、終日水が浮いた状態だった。通常ダートは重・不良になったからと言って先行馬有利とは言えないという事は先ほども言ったが、この日は年に数回あるかないかの特殊なコンディションだった。2Rのサクセスグローリーは別格としても、先行して残った馬というのは少し割り引いて考えた方が良いかもしれない。なお、12Rは自主的に参加したのが5頭というような競馬でしたから、1・2着馬は差して勝ったと言っても評価できず、タイムランク通りEという評価で良いと思う。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/02/15 (土)  芝=+1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1600 ブランネージュ    牝3 未勝利・牝 1:37.2 +1.5 --- +0.1 +1.4 C C
6R T1800 ヒラボクレジェンド    牡3 未勝利 1:51.2 +2.5 -0.7 +0.2 +1.6 C C
9R T1800 ステファノス    牡3 つばき賞500 1:50.1 +2.2 -0.6 ±0 +1.6 C C
10R T2400 ジャイアントリープ    牡4 琵琶湖H1000 2:31.0 +4.9 -1.3 +1.4 +2.2 SL C

2014/02/15 (土)  ダ=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1800 リバーソウル    牡3 未勝利 1:54.4 +0.1 -1.0 +0.5 -1.4 D D
2R D1800 サクセスグローリー    牡3 新馬 1:52.2 -2.4 -0.7 -1.7 -1.4 A D
3R D1400 サンライズアルプス    牡3 未勝利 1:26.1 +0.2 --- +1.3 -1.1 E C
4R D1200 エーシンクルゼ    牡5 500万下 1:10.9 -1.0 --- -0.1 -0.9 C D
7R D1400 メイショウオセアン    牡3 500万下 1:24.7 -0.4 --- +0.7 -1.1 D C
8R D1900 マノワール    牡4 500万下 1:58.6 -0.6 -0.8 +0.1 -1.5 C C
11R D1900 エーシンゴールド    牡4 アルデバH 1:56.0 -0.8 --- +0.7 -1.5 D D
12R D1800 デルマイザナミ    牝5 1000万下・牝 1:51.4 -0.4 --- +1.0 -1.4 E D

         

2R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 サクセスグローリー コメントなし
馬券Summary
高速馬場ならシンボリクリスエス産駒を狙え!
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準