ヒメカノ ダウンロード販売

2014年1回京都8日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週はマイナス1秒0の馬場差でスタートしたものの、その後水準レベルに近づいて行き、先週日曜はこの開催で始めてマイナスゾーンではなくなった。
 後半2週の馬場差は安定していて、内を通っても外を通ってもそれほど有利・不利はないという点も3週目と同じだった。今週からの2回京都はBコース使用となる。内の傷んだ部分がカバーされるので、馬場差は少しマイナス方向に動くと予測できるが、仮柵によって極端に内が有利という事になることはないと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラス0秒2だった。ダートもここまで9日間の馬場差を振り返っておく。プラス0秒6の馬場差だった7日目を除くと、基本的には水準に近いレベルで推移しているが、同一週で同じ馬場差だった事はなく、安定していたとは言えなかった。
 土曜日曜の開催なら土曜より日曜の方が時計が掛かるといういうのは、今の京都ダートの特徴。先週は土曜の夜中に少しとは言え、雨が降ったのにそれでも土曜より日曜の方が時計掛かる馬場だったというのが注意点。凍結防止剤とか散水量を控えたりとか、冬の馬場管理がいろいろあってその結果こうなっているんだと推測する。京都のダートらしく逃げ・先行馬の好走が多かったが、これが京都ダートの普通の状態だと思ってください。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2014/01/25 (土)  芝=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
5R T1800 トウキョウタフガイ    牡3 未勝利 1:49.0 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C
9R T1600 ヒュウマ    牡4 花見小路1000 1:33.4 -0.5 --- -0.3 -0.2 C C
10R T2000 トゥザワールド    牡3 若駒S 2:00.0 -0.4 -0.6 -0.8 -0.2 B C
11R T1600 ウリウリ    牝4 京都牝馬G3 1:33.0 +0.3 -0.2 +0.3 -0.2 C D

2014/01/25 (土)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1200 カネトシビバーチェ    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.2 --- ±0 -0.2 C D
2R D1800 ゴーザトップ    牡3 未勝利 1:53.9 -0.4 --- -0.1 -0.3 C C
3R D1400 タマモライト    牡3 未勝利 1:26.7 +0.8 --- +1.0 -0.2 E D
4R D1400 ワンダーハイーニャ    牝3 新馬 1:27.6 +1.5 --- +1.7 -0.2 E D
6R D1200 テイエムチカラ    牡4 500万下 1:11.7 -0.2 --- ±0 -0.2 C D
7R D1800 ビービートレイター    牡4 500万下 1:51.3 -1.3 --- -1.0 -0.3 A D
8R D1800 キクノソル    牡4 1000万下 1:52.8 +1.0 -0.7 +0.6 -0.3 D C
12R D1400 バコパ    牡5 500万下 1:23.9 -0.6 --- -0.4 -0.2 B D

         

7R500万下
2着 シュミット 番組注目馬
番組注目馬
 
8R4歳上1000万下
3着 グッドマイスター 解説者次走推奨馬
大川浩史 次走推奨馬
順調なら次走は休み明け3走目でもあるので、今度こそ決めるというレースになると思う。
 
9R花見小路特別
7着 アダムスピーク 解説者次走危険馬
大川浩史 次走危険馬
2年近い休み明けだった前走でも1番人気。その前走6着でもまた1番人気だった。別にスローでもない流れの1600mで道中あれだけ引っかかっていれば苦しい。従って今回の敗因は明白ではあるが、あの引っかかり方はちょっと一過性のものではないと感じた。次走も引っかかって自滅してしまう確率がかなり高いのではないかと。この馬の金冠なのはゴールドシップとグランデッツァを負かして勝ったラジオNIKKEI 杯2歳Sだが、当時は最内から神業の様な差しを決めたというもので、重賞勝ちが示すほど力が抜けて上位という訳でもないように思う。
 
7R500万下 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ビービートレイター コメントなし
7R500万下 番組注目馬
2着 シュミット コメントなし
8R1000万下 解説者次走推奨馬
3着 グッドマイスター 大川浩史 次走推奨馬
順調なら次走は休み明け3走目でもあるので、今度こそ決めるというレースになると思う。
9R花見小路1000 解説者次走危険馬
7着 アダムスピーク '大川浩史 次走危険馬
2年近い休み明けだった前走でも1番人気。その前走6着でもまた1番人気だった。別にスローでもない流れの1600mで道中あれだけ引っかかっていれば苦しい。従って今回の敗因は明白ではあるが、あの引っかかり方はちょっと一過性のものではないと感じた。次走も引っかかって自滅してしまう確率がかなり高いのではないかと。この馬の金冠なのはゴールドシップとグランデッツァを負かして勝ったラジオNIKKEI杯2歳Sだが、当時は最内から神業の様な差しを決めたというもので、重賞勝ちが示すほど力が抜けて上位という訳でもないように思う。"'
10R若駒S 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 トゥザワールド コメントなし
馬券Summary
開催変わりで頭の切り替え
後ほど
30% OFFセール
↑30% OFFセール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
札幌馬場・基準
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準