ヒメカノ ダウンロード販売

2013年4回京都9日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラスマイナスゼロへと変動、日曜がマイナス0秒3だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はマイナス2秒台その後6日目までマイナス1秒台だったが、7日目以降は雨の影響で時計が掛かった。ただし9日目は馬場が乾き、マイナスの数値にはなった。
 土日とも程度の差はあるが、雨の影響があって土曜日は5Rまでがプラス0秒3、9Rから11Rまではプラスマイナスゼロという馬場差。変動ではあるが、その変動の仕方は緩やかだった。日曜はさらに乾いて馬場差マイナス0秒3だが、今開催の京都の芝というのは4週目であってもパンパンの良馬場ならマイナス1秒ぐらいまで行く、そういう馬場のはずなので、良馬場の日曜でも雨の影響は残っていたという事だと思う。前回の放送で、道悪の京都Aコースは内が有利になりやすいと言ったが、先週正にその通りだった。この様な馬場だとスローの先行で、好走した馬というのはかなり割引が必要ですし、ハイペース先行で好走していても、ちょっと割り引く必要がある。今週からBコース使用となる。その事で急に外差しがバンバン決まるようになるとは思わないが、3日目とかあるいは先週ほど極端に内有利ではないと見る。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒5からマイナス1秒9へと変動、日曜がマイナス0秒8だった。ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと1週目は水準に近い数値とは言え、プラスゾーンだったが3日目以降は全てマイナスの数値。特に雨の影響のあった7日目・8日目はかなり脚抜きの良いコンディションだった。
 土曜はずっと重だが、馬場差は変動で2Rがマイナス2秒5、そこから少しずつ水準方向に動いて12Rでマイナス1秒9だが、1日を通して超高速馬場だったという認識で間違いないと思う。日曜は稍重でマイナス0秒8。土曜よりは時計が掛かるようになったが、まだ高速馬場の部類だった。土日とも京都にしては差し・追い込み馬の好走が目立つが、これはハイペースが多かった事も影響しているはず。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/10/27 (日)  芝=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R T1600 フェイブルネージュ    牝2 未勝利・牝 1:35.9 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C
3R T2000 ハピネスダンサー    牝2 未勝利 2:04.1 +1.8 -1.2 +0.9 -0.3 SL C
5R T1600 オーシャンヒーロー    牡2 新馬 1:34.6 -1.3 --- -1.1 -0.2 A C
8R T2400 フーラブライド    牝4 1000万下 2:27.3 +1.2 -1.0 +0.6 -0.4 D D
11R T1800 ミヤジタイガ    牡3 カシオペ 1:46.4 +1.1 -0.3 +1.1 -0.3 E D
12R T1400 ウイングザムーン    牝4 1000万下 1:21.1 -0.2 --- ±0 -0.2 C D

2013/10/27 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 チョウテッパン    牡2 未勝利 1:25.9 -0.1 --- +0.5 -0.6 D D
6R D1400 ゼンノジェネラル    牡2 新馬 1:25.8 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D
7R D1900 シンゼンレンジャー    牡4 500万下 1:58.0 -1.2 --- -0.4 -0.8 B C
9R D1800 エーシンスピーダー    牡4 北國新聞1000 1:51.4 -0.4 --- +0.4 -0.8 D C
10R D1200 シゲルソウサイ    牡5 西陣SH1600 1:10.5 -0.2 --- +0.3 -0.5 D D

         

5R新馬 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 オーシャンヒーロー コメントなし
馬券Summary
ユニコーンS組が頑張りだした
後ほど
オーロラプロジェクト30%OFF
↑オーロラプロジェクト30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準