2013年2回新潟9日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒5。直線1000mの数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒2だった。まずここまで10日間の馬場差を振り返っておくと、プラスの数値はないが、マイナス1秒台の日もない。直線1000mについてはマイナス0秒3からプラスマイナスゼロの間での推移となっている。なお、2回新潟は6週の開催で今週が最終週となる。
 土曜の朝まで雨が降っていて、その雨の影響で土曜は稍重でスタートしたが、新潟の芝というのは非常に水はけが良いので朝7時ぐらいに止んでいれば、極端に時計の掛かる馬場にはならない。という事で馬場差はマイナス0秒2。その後7Rから良馬場となったが、レース行われている時に一気に乾いていったという訳ではなかった。良馬場の日曜日は1週前と同じ馬場差となり、土曜との差は0秒3。という事で、土曜の1Rの時点で実はかなり良馬場に近かったという事がわかる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラスマイナスゼロ。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで10日間の馬場差を振り返っておく。1800mは4日目を除けばマイナス0秒4からプラス0秒3の間での推移。安定しているという訳ではないが、大きく動いているという程でもない。1200mは初日を除けばマイナスゾーンで4日目以降は速めの時計が出るコンディションになっている。
 土曜朝まで降った雨の影響で土曜は不良馬場でスタートした。そして6R以降は重馬場だが、新潟は水はけが良いので朝の内に雨が止んでいると馬場に大きな影響が出にくい。という事で、土曜は1800m対象がマイナス0秒4、1200m対象はマイナス1秒0という馬場差で、もちろん良馬場の時よりは高速化しているが、1週前と比べて極端に速い時計が出る馬場になったという訳ではない。日曜は稍重だったが、良馬場だった1週前と同じ馬場差。という事は先週の新潟ダート特に1800mに関しては、雨の影響で高速馬場という表現をするのは妥当ではない。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/08/24 (土)  芝=-0.2 / 直線=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 レヴアップスピン    牝2 未勝利・牝 1:35.5 +0.2 --- +0.4 -0.2 D C
2R T1800 マイネオーラム    牝2 未勝利 1:48.9 +0.8 -0.8 +0.2 -0.2 C D
5R T1400 サグレス    牝2 新馬 1:23.6 +0.4 -0.1 +0.4 -0.1 D C
7R T1800 シャドウウィザード    セ3 未勝利 1:47.2 -0.2 -0.5 -0.5 -0.2 B C
9R T1600 ガーネットチャーム    牝4 古町特別500 1:34.3 +0.4 -0.7 -0.1 -0.2 C C
11R T1400 インプレスウィナー    牡6 朱鷺S 1:21.0 +0.8 -0.1 +0.8 -0.1 E D
12R T1000 シンワクイーン    牝4 500万下 0:55.1 -0.2 --- -0.1 -0.1 C D

2013/08/24 (土)  ダ=-0.4 1200m=-1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1800 ケイアイキャンサー    牝3 未勝利・牝 1:54.2 +0.2 --- +0.6 -0.4 D D
6R D1200 セイクラベ    牝3 未勝利 1:12.3 -0.3 --- +0.7 -1.0 D D
8R D1200 エムエムアリオーン    牡3 500万下 1:10.5 -1.4 --- -0.4 -1.0 B D
10R D1200 インディーズゲーム    牡5 苗場特H1000 1:10.1 -1.2 --- -0.2 -1.0 C C

         

馬券Summary
函館はあと1週あります =血統に注目=
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準