2013年2回小倉5日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒3だった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を受けた4日目以外はマイナス1秒を超える数値になっている。
 基本的に速い時計の出るコンディションが維持されている。とは言うものの、流石に開幕週ほどの超高速馬場ではない。また、上位馬のコース取りや脚質を見ても前に行く馬や内を立ち回る馬ばかりではなかった。要するに有利不利のない馬場という事。なお、今週もう1週Aコースが使用されて、終盤の2週はBコースになる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。ここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、初日がマイナス0秒6だった後2日目以降はやや時計の掛かるレベルだったが、先週は水準レベルになった。
 パサパサの乾燥したダートの割に時計が掛かっていなかった点は要注意事項。ほとんどのレースで逃げ馬か先行馬が連帯していたが、先行馬同士の組み合わせは土曜2Rのみだった。先行馬と中団以降に居た馬の組み合わせが多くて、通常なら連対数が一番多いはずの好位組はわずか1連対と少なかった。4コーナー先頭の馬が5勝2着1回3着1回と、ホントに4コーナー先頭の馬がわかれば、かなり簡単な馬券はないという感じだが、それがなかなかわからないのが競馬。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/08/10 (土)  芝=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 テイエムキュウコー    牡2 未勝利・九 1:09.0 -0.6 --- +0.2 -0.8 C E
3R T2000 ディオジェーヌ    牝3 未勝利・牝 1:59.5 -1.4 --- ±0 -1.4 C C
5R T1200 ダンツブロード    牡2 新馬 1:09.4 -0.4 --- +0.4 -0.8 D D
6R T1800 レネットグルーヴ    牝3 未勝利 1:46.3 -1.7 --- -0.4 -1.3 B C
7R T1200 シュンケイリ    牡3 未勝利 1:09.2 +0.1 --- +0.9 -0.8 E D
9R T1200 クーファナイン    牝2 フェニッ 1:09.3 +0.6 --- +1.4 -0.8 E E
10R T1200 ビキニブロンド    牝4 フィリピ1000 1:07.6 -0.5 --- +0.3 -0.8 D C
11R T2000 サンシャイン    牝4 マレーH1600 1:57.9 -0.6 --- +0.8 -1.4 D D

2013/08/10 (土)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1000 セトアロー    牡2 未勝利 0:58.6 -1.1 --- -1.0 -0.1 A D
4R D1700 タイムアラウド    牡3 未勝利 1:47.5 +1.1 --- +1.2 -0.1 E D
8R D1000 フレンチトースト    牝4 500万下 0:58.7 +0.2 --- +0.3 -0.1 D D
12R D1700 エイヴィアンボス    牡3 インディ500 1:45.1 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C

         

2R未勝利
2着 ミヤジカールソン 番組注目馬
次走注目馬。
 
2R未勝利 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 セトアロー コメントなし
2R未勝利 番組注目馬
2着 ミヤジカールソン コメントなし
馬券Summary
新潟芝・直線1000m→ダートの短距離戦
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準