2013年2回新潟1日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒4。直線1000mは土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。
 新潟開幕週の芝と言えば、だいたいマイナス1秒ぐらいの馬場差というのは普通だが、先週は水曜から金曜まで雨が降って、さらに土曜の夕方から夜にかけても雨が降った。という事で土日とも発表は良だが、いわゆるパンパンの良馬場ではなくて、開幕週にしては少し時計が掛かったという事。少し時計が掛かったとは言っても、新潟でマイナスの馬場差なら他のコースとの比較で言うとやはり高速馬場で、特に外周りは速い上がりに対応できるかどうかというのが問われたレースが多かった。この2回新潟は6週の開催で全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒1。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス0秒3だった。
 水曜から金曜にかけて雨が降って、さらに土曜の夕方から夜も雨で、土日とも稍重だった。1800m対象の数値は土日ともプラスだが、これでも春開催より速い時計が出る馬場だった。その春開催は強い風の影響を受けた日が多かったが、それを差し引いても春より時計が出やすい馬場だった。1200m対象の数値も水準レベルで、要するに稍重だったが、高速馬場ではなかったという事。勝ち馬の9頭中5頭は4コーナー先頭だった。他も4頭中3頭は4コーナー2番手か3番手。4コーナー9番手からの差し切りが決まった土曜の8Rにしても、逃げた5番人気馬が2着だった。稍重でこういう結果になると、脚抜きの良い馬場で前が止まらずーと言われがちだが、特に高速馬場ではなくて、なおつかつ新潟のダートというのは、だいたいこのぐらい前が有利という結果になるが普通。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/07/27 (土)  芝=-0.6 / 直線=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1600 ダウトレス    牡2 未勝利 1:34.6 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C
2R T2200 オリジナルスマイル    セ3 未勝利 2:14.5 ±0 --- +0.7 -0.7 D D
5R T1400 アポロムーン    牝2 新馬 1:23.8 +0.6 --- +1.0 -0.4 E C
7R T1600 エグゼビア    牡3 未勝利 1:35.6 +0.9 -0.9 +0.5 -0.5 D D
9R T1000 パシオンルージュ    牝5 閃光特別500 0:55.0 -0.3 --- ±0 -0.3 C D
10R T1600 クッカーニャ    牝4 五頭連峰1000 1:33.8 +0.5 -0.7 +0.3 -0.5 C C
12R T1800 ラスヴェンチュラス    牝4 500万下・牝 1:47.5 +1.0 -0.8 +0.7 -0.5 D C

2013/07/27 (土)  ダ=+0.2 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1800 パルトゥーラ    牝3 未勝利・牝 1:55.7 +1.7 --- +1.5 +0.2 E D
6R D1800 モルダバイト    牡3 未勝利 1:53.2 -0.8 --- -1.0 +0.2 A D
8R D1200 クレバーアポロ    牡4 500万下 1:12.1 +0.2 --- +0.1 +0.1 C C
11R D1800 トウショウフリーク    牡6 BSN賞H 1:51.3 +0.9 --- +0.7 +0.2 D D

         

6R未勝利 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 モルダバイト コメントなし
馬券Summary
新潟芝のディープインパクト産駒
後ほど
HERO30%OFF
↑HERO30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準