2013年2回福島7日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒6、日曜がプラス0秒4だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は速い時計の出るコンディションだったが、2週目以降は雨の影響で1週目よりも時計が掛かって行った。なお、変動となった日は3日間あった。
 先週は木曜日から金曜日にかけて雨が降っていて、土曜日はまだその影響が残っていた。なおかつ、その1週前の3週目、ここで雨の中で競馬が行われた影響もあって、良馬場発表だがプラス0秒6とやや時計の掛かる状態だった。日曜は土曜よりは乾いて、土曜よりは速い時計が出る状態だったが、それでもプラスゾーンのままだった。4コーナーの内側、かなり泥が上がっている様な感じで、芝がかなり薄くなっていたが、所謂外差し馬場にはなっていなかった。流石に日曜の後半の9R・11Rは外を通る馬の伸びが目立っていたが、まだ土曜日は外を回ると厳しいという馬場のままだった。
 先週の馬場差1700m対象の馬場差は土日ともにプラス0秒6だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響度合いが週によって異なるという事もあり、時計の出方が安定しなかった。また、水を含んだ馬場コンディションでも、必ずしも速い時計が出るレベルではなかった。
 木曜から金曜にかけて雨が降って、そのために土曜から日曜の午前中まで稍重。そして日曜の6R以降良馬場だが、馬場差は変動になっていませんし、さらに土日の数値は同じだった。という事だが、ここで注意したいのは稍重でも2回福島の中では最も時計の掛かる馬場だったという事。土日とも稍重だった2週目とは結構馬場差の開きがあるので、時計比較の際は注意してください。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/07/20 (土)  芝=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1800 ウインフェニックス    牡2 未勝利 1:51.3 +1.7 -0.5 +0.7 +0.5 D D
3R T1200 ロマネクイーン    牝3 未勝利 1:10.4 +0.6 --- +0.2 +0.4 C C
5R T1200 ブルーストーン    牝2 新馬 1:11.4 +0.8 --- +0.4 +0.4 D C
7R T2000 ビバゴールデン    牝3 未勝利 2:02.1 +0.5 --- -0.1 +0.6 C D
9R T1800 オペラダンシング    牡4 栗子特別500 1:48.1 +0.2 --- -0.3 +0.5 C C
10R T1800 ウインクリアビュー    牝6 いわき特1000 1:48.9 +1.7 --- +1.2 +0.5 E C
11R T1200 フレデフォート    牡6 白河特H1000 1:09.2 +0.4 --- ±0 +0.4 C C

2013/07/20 (土)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
2R D1700 ナンヨーノキョー    牝3 未勝利・牝 1:49.5 +2.4 --- +1.8 +0.6 E D
4R D1150 ジョブックガーター    牡3 未勝利 1:10.3 +1.1 --- +0.7 +0.4 D D
6R D1700 ハーストイーグル    牡3 未勝利 1:48.5 +1.4 --- +0.8 +0.6 D C
8R D1700 ハッピーマリーン    牝4 500万下・牝 1:46.8 +0.8 --- +0.2 +0.6 C D
12R D1150 ヴェイグストーリー    牝4 500万下 1:08.6 +0.1 --- -0.3 +0.4 B C

         

馬券Summary
新種牡馬 パイロ
後ほど
プレステージ30%OFF
↑プレステージ30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準