2013年2回福島3日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒3へと変動、日曜がプラス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週はマイナス1秒0と速い時計が出るレベルだったが、先週は時計掛かった。
 土曜は週半ばの雨の影響が残っていて、朝から1週目より時計の掛かる馬場だった。さらに8Rのレース中からちょっと雨が降って、そのため9R以降はなお一層時計の掛かる馬場となった。さらに土曜のレース終了後にも雨が降って、その影響が残った日曜はプラスゾーンの馬場差となった。と言っても、馬場が湿っていて時計が掛かるようになったというだけで、芝が傷んで外からの差しが決まるようになったという訳はない。馬場の内側が傷んでいる訳ではなくて、さらに今週からBコース使用となるので、今週雨の影響がなければ先週よりは時計の出る馬場となるはず。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、3日目つまり先週土曜まではプラスゾーンだったが、日曜日はマイナスゾーンに入った。
 中間の雨の影響で土曜は稍重。さらに土曜のレース中やレース終了後にも雨が降って、日曜も稍重。ただし、同じ稍重でも日曜の方が含水率が高くて、土曜よりも速い時計が出る馬場だったというのが、先週の馬場差の概略となるが、土曜は8Rのレース中からその後にかけて雨が降って、そのため芝は馬場差が変動となっているが、土曜のダート8Rから12Rまで間隔が開いていて、その間に馬場差に違いが出ないレベルまで乾いていたという判断で馬場差は1日を通して一定とした。という事で、馬場差については、注意が必要という推移になっている。たいていのレースが前残りで、ただし1700mでハイペースになると差しが決まるという、先週も言った様ないつも通りの福島のダートだった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/07/06 (土)  芝=-0.6 → -0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R T1200 テルミドール    牝2 未勝利 1:09.9 -0.5 --- -0.1 -0.4 C D
2R T1200 ボンジュールココロ    牝3 未勝利・牝 1:09.0 -0.8 --- -0.4 -0.4 B C
6R T1800 ルーベンスクラフト    牝3 未勝利 1:48.5 -0.3 --- +0.2 -0.5 C D
9R T1200 マイネサヴァラン    牝4 郡山特別500 1:08.9 -0.3 --- -0.1 -0.2 C C
10R T2000 ダイワズーム    牝4 松島特別1000 2:02.3 +2.4 -0.9 +1.8 -0.3 SL C
11R T1800 メイショウサミット    牡7 天の川H1600 1:46.8 +0.3 --- +0.6 -0.3 D C

2013/07/06 (土)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
3R D1700 カラダドリーム    牡3 未勝利 1:48.6 +1.5 -0.3 +1.0 +0.2 SL D
5R D1150 ニシノイナズマ    牡2 新馬 1:10.7 +0.7 --- +0.6 +0.1 D D
7R D1150 サクライスピラート    牡3 未勝利 1:08.9 -0.3 --- -0.4 +0.1 B D
8R D1700 ラゴディラゴライ    牝3 500万下・牝 1:47.4 +1.4 --- +1.2 +0.2 E C
12R D1700 プロモントーリオ    牡3 500万下 1:46.5 +0.5 --- +0.3 +0.2 C D

         

2R未勝利・牝 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 ボンジュールココロ コメントなし
馬券Summary
短距離血統 アドマイヤマックス
後ほど
期間限定セール
↑期間限定セール↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準