2013年3回東京8日目

馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒9へと変動、日曜がマイナス1秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、5日目までは速い時計の出るコンディションで安定していた。6日目・7日目は雨の影響で1日の中でも時計の出方が変わったが、先週の日曜は速い時計の出るレベルに戻った。
 まず土曜日だが、雨の影響が残って馬場差はマイナス0秒1、つまり水準のレベルの数値でスタートしたというとこだが、後半は乾いて行って、マイナス0秒9。マイナス1秒まで達しなかったが、速い時計の出るレベルになった。続いて日曜日だが、土曜後半よりも乾いてこれまた高速馬場だが、東京はコース設定を変えて行ったとは言え、2回開催から10週の連続開催で、その最終日にこれだけ速い時計が出るコンディションという事だった。なお、脚質については、土曜日は回復するにつれて、インコースが有利になっていった。よくある。一方日曜日は終日良馬場。脚質や内・外のコース差はほとんどなかった様に思う。
 先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス1秒8からマイナス1秒3へと変動、日曜がマイナス0秒9だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、4日目までは水準レベルの馬場コンディションだったが、後半4日間は雨の影響で時計が出やすくなった。
 土曜日は雨の影響が残っていて、終日脚抜きの良いコンディションだったが、午前の方が午後よりもいっそう速い時計の出るコンディションだったと思う。4Rまでがマイナス1秒8で、その後乾いて行って11Rの時はマイナス1秒3だった。日曜は土曜後半よりも乾いて、そうは言っても日曜日にしても、マイナス0秒9と速い時計の出るレベルにあった。ただ、高速馬場の割には逃げ切りがなかった。
馬場差・基準タイム一覧

レース順表示

タイム分析 2013/06/23 (日)  芝=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
4R T1400 スピーディユウマ    牝3 未勝利 1:22.5 -0.5 --- +0.3 -0.8 D D
5R T1600 マイネグラティア    牝2 新馬 1:37.4 +0.7 -0.9 +0.8 -1.0 D C
8R T2000 トーセンアルニカ    牝3 500万下・牝 2:03.9 +3.1 -1.4 +2.9 -1.2 SL C
9R T1800 カムフィー    牡4 八丈島特500 1:47.0 -0.7 -0.7 -0.3 -1.1 C C
11R T1400 レッドスパーダ    牡7 パラダイ 1:20.1 -0.6 --- +0.2 -0.8 C C

2013/06/23 (日)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML
1R D1400 アルデグロリア    牝3 未勝利・牝 1:25.0 -0.9 --- -0.1 -0.8 C D
2R D1600 エピローグブリッジ    牡3 未勝利 1:39.2 ±0 -0.2 +0.7 -0.9 D C
3R D2100 ダイワフォスター    牡3 未勝利 2:13.5 -0.2 --- +1.0 -1.2 E C
6R D1600 オアフライダー    牡3 未勝利 1:39.2 ±0 -0.2 +0.7 -0.9 D C
7R D1300 アランルース    セ5 500万下 1:17.7 -0.8 -0.1 -0.2 -0.7 C B
10R D1400 オールドパサデナ    牝4 清里特別1000 1:23.2 -1.0 --- -0.2 -0.8 C B
12R D1600 オメガスパーキング    牡4 500万下 1:37.8 -0.2 -0.4 +0.3 -0.9 C B

         

10R清里特別1000 勝ち馬の中から次走注目できる馬
1着 オールドパサデナ コメントなし
馬券Summary
逃げることで折り合いをつける
後ほど
ながえスタイル30%OFF
↑ながえスタイル30%OFF↑


ittai.net をGoogle検索
今週出走の注目馬
番組注目馬一覧
勝ち馬上位馬一覧
次走推奨馬一覧
次走危険馬一覧
レベルAレース一覧
レベルEレース一覧
芝OP一覧ダOP一覧
函館馬場・基準
福島馬場・基準
新潟馬場・基準
東京馬場・基準
中山馬場・基準
中京馬場・基準
京都馬場・基準
阪神馬場・基準
小倉馬場・基準